今年のハロウィンで、元サッカー選手のデヴィッド・ベッカムがどんなコスチュームを着たのか、妻のヴィクトリア・ベッカムが明かした。

自宅をデコレーション

 ヴィクトリア・ベッカムが仕事で家を出る時に、玄関をハロウィン仕様にデコレーションしていたデヴィッド・ベッカムを発見。
 その姿をSNSに公開したヴィクトリアは、自身も仕事で多忙ななか、きちんと父親の仕事をこなすデヴィッドを「なんていいお父さんなの!」と称賛。

画像1: 自宅をデコレーション

 そして仕事から帰宅したヴィクトリアは、玄関先の完成したデコレーションの前に立つ怪しい雰囲気のデヴィッドの姿を投稿。

画像2: 自宅をデコレーション

 胸元には血のりで手跡がついたYシャツに、ネクタイをつけたスーツ姿のデヴィッドは、まるでマネキンのように直立不動で動かない。

 ハロウィンの日に合わせて、仕事から帰宅した妻ヴィクトリアを喜ばせようと、マネキンのように完璧な姿で妻を迎えたデヴィッドのイケメンぶりに、妻も思わず「かっこいい」と発言している。

 血のりをつけただけのミニマルで大人な仮装で、妻を喜ばせたデヴィッド。

 この写真だけでも夫婦愛がひしひしと伝わってくる。

This article is a sponsored article by
''.