日本でも11月3日に公開された話題作の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』。劇中で登場するピエロであるペニーワイズ役の俳優は、実はイケメンだった。

 予告編が公開されると、24時間で1億9,700万回という再生回数を記録し、全米で公開されるとその週に約126億円以上の興行収入を記録した映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』。

 そんな話題作が、ついに日本でも11月3日に公開される。
 そこで、劇中でピエロのペニーワイズ役を演じたスウェーデン出身の俳優を紹介。

画像: 話題作『IT』のピエロ役、実は2世セレブでイケメンだったんです

 ペニーワイズ役を演じているのは、ビル・スカルスガルドという27歳の俳優。
 彼は父親に『マンマ・ミーア』などに出演する俳優のステラン・スカルスガルド、兄に『ターザン:REBORN』などに出演するアレクサンダー・スカルスガルドを持つ2世セレブ。

画像: 右から父親のステラン、アレクサンダー。

右から父親のステラン、アレクサンダー。

 8人兄弟で、末っ子は2012年8月に誕生したばかり。しかも兄弟8人中4人が俳優を行っているというまさに俳優一家。
 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプレミアには、兄のアレクサンドラとグスタフ・スカルスガルドも駆けつけ、ビルをお祝いした。

画像: 左から兄のグスタフ、ビル、アレクサンドラ。

左から兄のグスタフ、ビル、アレクサンドラ。

 そんな俳優一家で育ったビルは、現在イケメン俳優として活躍中。
 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』では、終始ピエロのメイクをしているので、素顔を見られないのが残念。

 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、はやくも2019年に続編が決まっており、ペニーワイズに扮するビルにも注目が集まっている。

This article is a sponsored article by
''.