イギリスの大手スーパーマーケットで「キウイ」が販売禁止になった理由を聞いてびっくり!

販売禁止の裏にあの人気シンガー

 先日、イギリスの大手スーパーマーケットチェーンのASDAが、マンチェスター市内にある店舗で25歳未満への「キウイ」の販売を禁止することを発表。11月1日にのみこの措置を取ることが明らかにされたのだが、その理由に驚きの声が上がっている。

画像1: 販売禁止の裏にあの人気シンガー

 実はこのスーパーがキウイを11月1日に売らないと決めた理由には、同日に開催された人気シンガーのハリー・スタイルズのコンサートと深い関係があった。

 ハリーのデビューアルバムのなかに「キウイ」というタイトルの楽曲があるのだが、コンサートでこの「キウイ」が演奏されるたびに客席から本物のキウイが投げ込まれ、ハリーが転倒しそうになるという事案が過去に何度か発生。

画像2: 販売禁止の裏にあの人気シンガー

 ハリー本人がファンに「僕が床に落ちたキウイで滑ったとこを見たと思うけど、これは大きな問題だ」と注意喚起するほど事態は深刻化していた。

 そのため、また同じことが起きることを懸念したASDAは、1日に行われるコンサートに向けて、ハリーの主なファン層である25歳未満へのキウイの販売を禁止することに。

 ハリーは活動を休止しているワン・ダイレクション(以下1D)のメンバーで、現在ソロとして活躍する注目株。それだけに1D時代からの熱狂的なファンも多く、以前からファンの行きすぎた行動が問題視されていた。

 しかし今回のASDAの措置もむなしく、先日マンチェスターで行われたハリーのコンサートでまたもキウイが投げこまれ、ハリーが転倒しかけたことがファンの証言によって明らかになっている。

This article is a sponsored article by
''.