人気ラッパーであるディディが、5回目となる改名を行い話題になっている。

 今年9月に発表された米Forbes誌が選ぶ「最も稼ぐヒップホップアーティスト」で1位を獲得したラッパーのディディ。

 彼は11月4日に48歳になり、ラッパーのフレンチ・モンタナらと共にブラジルのビーチで誕生日をお祝いした。
 このときに、ディディはある大きな決断を下した。それは、「改名」するということ。

画像: 130億円稼ぐ大御所ラッパー誕生日に改名を決意するが…数日後新たな発表

実は改名魔

 彼はこれまでにパフ・ダディ、パフィー、P.ディディ、ディディと数々のステージネームを使っている改名魔。

 この「改名」宣言は、インスタグラムを通してファンに伝えられた。「ヘイ、調子はどう? とてもシリアスなニュースがあるんだ」と話し出し、その後「名前をまた変えることにしたんだ(中略)俺の新しい名前はラヴかブラザーラヴ」と、報告した。

Diddyさん(@diddy)がシェアした投稿 -

 ディディは今後パフ・ダディやパフィーなどと呼んでも反応しないと言っていたが、ここへきて新しい動きが。

やっぱり改名しない?

 しかし誕生日から数日後、自身の改名はしないと本人が告白。「俺は名前を変えない。(中略)もしラヴと呼びたかったら、呼んだらいいよ」とインスタグラムで発表した。

 誕生日の改名宣言は、まさに改名魔ならではのジョークだった。

This article is a sponsored article by
''.