ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとして長年活躍してきたアレッサンドラ・アンブロジオが、本日行われるファッションショーで卒業するというウワサが流れている。

 ランジェリーブランドのヴィクトリアズ・シークレット(以下ヴィクシー)の広告塔であるエンジェルとして、11年間ブランドを支え続けてきたアレッサンドラ・アンブロジオ。現在36歳のアレッサンドラが、本日20日に中国・上海で行われるヴィクシー・ファッションショーを最後に、エンジェルを卒業すると報道されている。

 この報道のきっかけとなったのは、複数のヴィクシーのファンアカウントが、アレッサンドラの卒業を悲しむポストが投稿されたこと。これにより各メディアでアレッサンドラの卒業が報道されている。

 アレッサンドラがヴィクシーショーに初めて出演したのは2001年。それから毎年ショーに参加し、今回で17回目の出演となる。

 アレッサンドラは、選ばれたエンジェルしか着用することができない、宝石で飾られた特別なファンタジーブラを2012年と2014年で2回も着用。2014年では、同じくベテランエンジェルのアドリアナ・リマと2億円相当のファンタジーブラを着用してランウェイを歩き話題になった。

画像: エンジェル歴11年のベテランモデル、今年のヴィクシーショーで卒業か

 2011年には、今まで作られたウィングの中でも一番重い18キロのウィングを着けて歩いたことは、今でも語り継がれているほど。

 良き先輩エンジェルとして、後輩に慕われ続けてきたアレッサンドラ。本人とヴィクトリアズ・シークレットはまだ卒業について、今の時点では何もコメントはしていない。

This article is a sponsored article by
''.