子供が壁に落書きをしてしまった時に、ある親がとったクリエイティブな対処法がすごい。

 幼い子供は悪気もなくいたずらをしてしまうもの。それを叱るではなく、ある驚きの方法で対処した夫婦がいる。その夫婦とは、6歳の息子ライアンがいるエリック&キム・マシコット夫婦

 ある日息子ライアンはマーカーで壁に落書きをしてしまった。ここで普通ならショックを受けて叱ってしまうところだけれど、夫エリックはある方法に出る。

画像1: ©twitter/DrMassicotte

©twitter/DrMassicotte

 この壁にライアンが書いたある家の絵。そこに…。

画像2: ©twitter/DrMassicotte

©twitter/DrMassicotte

 額縁を飾り、横にはこの絵についての説明書きを貼って、まるで美術館に展示してあるアート作品のようにしてしまった。説明書きをよく見てみると…。

画像3: ©twitter/DrMassicotte

©twitter/DrMassicotte

R・C・マシコット(2011年生まれ)
『遮られた家(2017年)』
ラテックスペイントのマーカー
予想外の両親へのプレゼント、11月13日

 絵のタイトルから使われたペン、それにこの絵の状況まできちんと細かく説明を書いている。

 悪気のない子供のいたずらを、あるクリエイティブかつユーモアで世界に1つしかないアートに変えてしまった。

This article is a sponsored article by
''.