11月20日行われたヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーに出演できなかったモデルがいた。

 アジアではじめて開催されたヴィクトリアズ・シークレットのファッションショー。選ばれしモデルだけしか出演を許されていない豪華なファッションショーは、モデルたちの憧れの的。

画像1: 「誰かが私のモニコを止めてショーに出られなかった」と人気モデルが嘆く

 そんなショーに出演したかったが、モーニングコールをキャンセルされて出場出来なかったと、嘆いたモデルがいた。

 それは、シンガーであるジョン・レジェンドの妻で人気モデルのクリッシー・テイゲン

画像2: 「誰かが私のモニコを止めてショーに出られなかった」と人気モデルが嘆く

 クリッシーは自身のツイッターで、「ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーが昨日行われたけど、(明らかに私に嫉妬している)誰かが私のモーニングコールをキャンセルしたの。私の弁護士から連絡が行くと思うわ」とコメントした。

実はすべてジョーク

 クリッシーがツイッターで呟いていたヴィクシーショーにまつわる話は、すべて彼女お得意のジョーク。

 彼女は普段からユーモアのある正確で知られており、それは夫のジョンもお墨付き。そしてモデルとして活躍する傍ら、そのキャラを活かして人気番組『リップ・シンク・バトル』でホストも務めている。

画像: ©Lip Sync Battle

©Lip Sync Battle

 このほかにもクリッシーはヴィクシーショー当日に、出演するモデルたちが集まった写真に自分をフォトショップで加工して仲間に入れて欲しいとも呟いていた。

This article is a sponsored article by
''.