ダンサーのメット・トーレイが、MV撮影のためにリアーナに髪の毛を剃られた当時の気持ちを明かした。

大注目のダンサー

 ファレル・ウィリアムズ率いるN.E.R.Dとリアーナがコラボした楽曲「レモン」のミュージックビデオで、強烈なインパクトを与えたシーンといえば、リアーナが女性ダンサーのメット・トーレイを丸刈りにするシーン。

画像1: 大注目のダンサー

 リアーナに髪の毛を刈られたメットが、その後、覚醒したかのようにキレキレのダンスで踊りだすMVが大きな注目を集め、もともとファレルの専属ダンサーだったメットの知名度を一気に上げた。

画像2: 大注目のダンサー

 メットのダンスは、ダンスパフォーマンスに定評があるシンガーのジャスティン・ティンバーレイクも脱帽するほどで、彼女のダンスにインスパイアされた動画はハッシュタグ「#LEMONDANECHALLENGE (レモンダンスチャレンジ)」として大流行。

Instagram投稿の投稿者: mette towleyさん 日時: 2017 11月 19 7:24午前 UTC

www.instagram.com

リアーナに坊主にされた心情を告白

 そんな大注目のメットが、同シングルのMVでリアーナに髪の毛を剃られた時の心情をThe Fader誌に答えた。

「パフォーマーとして素晴らしいことだった。撮影する時は、髪の毛を剃られる準備万端だった。(中略)私がフロアに座ってリアーナが髪の毛を剃ったの。MVだとモヤモヤしてる表情に見えるけど、それはこのパフォーマンスで変わるぞっていう気持ちがあったからだと思う。それで鏡を見たら、体内のフィーリングが体の外まで反映されている感じがしたの。(中略)多才なアーティストに剃ってもらって最高だった。本当に尊敬してる」

画像: リアーナに坊主にされた心情を告白


 アイコニックなスパイラルパーマのヘアから坊主になりガラっと雰囲気が変わった、そんなメットのイメチェンをリアーナが手伝ってくれたことを光栄に思っていると語った。

画像: N.E.R.D & Rihanna - Lemon www.youtube.com

N.E.R.D & Rihanna - Lemon

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.