モデルのライス・リベイロが、ヴィクトリアズ・シークレットのショーで体のある部分を隠さなかったことにファンから称賛の声が集まっている。

ありのままの姿を披露

 先日、中国の上海で開催された米大手ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーで、最大の目玉である「ファンタジー・ブラ」を着用する大役を担ったモデルのライス・リベイロ。

 「ファンタジー・ブラ」とは豪華な宝石で装飾された特別なブラジャーのことで、総額約2億円の価値があると言われる今年のファンタジー・ブラは、ジュエリーブランドのMouawad(モワード)がデザイン。

画像: ありのままの姿を披露

 そんな「ファンタジー・ブラ」を着用してランウェイを歩くという、重要な任務を無事に果たしたライスだが、注目してほしいのは彼女の太もも&お尻付近にはっきりと刻まれた「ストレッチマーク(肉割れ線)」。

画像: ©instagram/ victoriassecret_passion

©instagram/victoriassecret_passion

 そのことに気づいたファンの多くが、「ファンタジー・ブラも美しいけど、ライスの体もキレイ」「人気モデルのリアルな姿に勇気がわいてくる」と称賛。メイクで隠すこともできたであろうが、あえて隠すことをしなかったライスに賛辞を送った。 

 ここ最近広がりをみせている、「ボディポジティブ(Body Positive)」といって自分のありののままの姿を受け入れ、愛することを提唱するムーブメント。ライスは、世界中が注目するイベントで体を張って前向きなメッセージを発信した。

This article is a sponsored article by
''.