2018年のグラミー賞のノミネートが発表された。注目の主要部門のノミネートと、最多ノミネートのアーティストをご紹介。

主要部門のノミネートは…

最優秀レコード賞

「レッドボーン」チルディッシュ・ガンビーノ
「デスパシート」ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーft.ジャスティン・ビーバー
「ザ・ストーリー・オブ・O.J.」ジェイ・Z
「ハンブル」ケンドリック・ラマー
「24マジック」ブルーノ・マーズ

最優秀アルバム賞

『アウェイケン・マイ・ラブ』チルディッシュ・ガンビーノ
『4:44』ジェイ・Z
『DAMN.』ケンドリック・ラマー
『メロドラマ』ロード
『24マジック』ブルーノ・マーズ

最優秀楽曲賞

「デスパシート」ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー
「4:44」ジェイ・Z
「Issues」ジュリア・マイケル
「1-800-273-8255」ロジック
「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ

最優秀新人賞

アレッシア・カーラ
カリード
リル・ウージー・ヴァート
SZA

画像: 主要部門のノミネートは…

最多ノミネートは…

 2017年のグラミー賞ではビヨンセとアデルが主要部門で争う、歌姫の一騎打ちとなったけれど、今年は打って変わって、ジェイ・Zとブルーノ・マーズらの男の戦いとなりそう。

画像1: 最多ノミネートは…

 そんな同賞で最多ノミネートされたのは、ジェイ・Zでもブルーノでもなく、ケンドリック・ラマー。

 音楽祭VMAでも最多ノミネートされ、2017年は乗りに乗っているケンドリックが、こちらも同じく大盛況中のワールドツアー真っ盛りであるブルーノの6部門ノミネートを抑え、最多7部門ノミネートとなった。

画像2: 最多ノミネートは…

 ほかにもポップ部門では、2017年にアルバム『÷(ディバイド)』をリリースしたエド・シーランや、レディー・ガガがノミネート。

 ちなみに、今年大きな話題となったテイラー・スウィフトのシングル「ルック・ホワット・メイド・メー・ドゥー~私にこんなマネ、させるなんて」やアルバム『レプテーション』は、リリース日が今年の下半期であったため、賞レースの仲間入りは出来なかった。

画像3: 最多ノミネートは…

 また4年ぶりにアルバム『ウィットネス』をリリースしたケイティ・ペリーも、今年もグラミー賞にノミネートされなかった。

 そんなグラミー賞は、現地時間1月28日に開催される。

This article is a sponsored article by
''.