先日妊娠を発表したブロガーのキアラ・フェラーニが、妊娠中のお腹を公開し、騒がれている。

 10月に婚約者であるラッパーのフェデズとの間に子供を授かったと発表した、人気ブロガーのキアラ・フェラーニ。現在キアラは妊娠6ヵ月で、あと4ヵ月程で赤ちゃんが生まれる。

 そんなキアラが妊娠中のお腹をインスタグラムで公開したところ、普段のコメントは1,000件前後なのに対し、たちまち7,000件以上のコメントが寄せられた。

画像: ©Chiara Ferragni

©Chiara Ferragni

 しかし、それらのコメントは好意的なものばかりではなく、「これで本当に6ヵ月なの? とても(お腹)がフラットだね。食べていないのかな」「なぜ彼女のお腹はこんなに小さいの?多くの妊娠6ヵ月の女性たちは、これよりずっと大きいわ」「これ、私がご飯を食べた後じゃん」など、体系批判ともとれるコメントも相次いだ。

実は成人女性の20%のお腹が膨らまない?

 実際に、妊娠6ヵ月でもキアラのようにあまりお腹が目立たない人もいる。以前フロントロウ編集部で紹介したインスタグラマーのイオタ・コウゾウカスも妊娠6ヵ月とは思えないお腹を披露したところ、体形を優先して食べていないのではないかと批判されていた。
それらの批判を受けイオタは、子宮後屈というお腹が外ではなく背中側(内側)に膨らむ体質ということを明かすこととなった。この子宮後屈は、成人女性の約20%の女性が抱えていると言われている。

画像: 実は成人女性の20%のお腹が膨らまない?

 様々なところで体系批判が問題となっているが、今回は有名ブロガーのキアラが幸せの証として公開した写真が餌食になってしまった。現在キアラ自身は、この体系批判についてコメントは発表していない。

This article is a sponsored article by
''.