女の子が空港に大切なテディベアを忘れてしまった時に、航空会社が行った粋な計らいが話題を呼んでいる。

 旅行先での忘れ物となると絶望的で、手元に戻すのはなかなか難易度が高い。しかし4歳になるサマーちゃんは、思いもよらない形でその忘れ物を取り戻した。

その驚きの方法とは?

 サマーちゃんは、旅行から戻ってくるときエンディバラ空港で大切なテディベアを失くしてしまった。

画像: © Donna Cuthbertson

© Donna Cuthbertson

 旅行先から家に帰った母親は、Facebookなどに娘がテディベアを空港でなくしたことを書くと、幸運なことにイギリスのローガン・エアーのクリスティーというキャビンアテンダントがその投稿を発見。

 クリスティーは、エンディバラ空港でサマーちゃんが失くしたテディベアを無事確保した。
 サマーちゃんの元へテディベアを返すべく、クリスティーはテディベアと一緒に飛行機に搭乗した。ここから、テディベアのVIP待遇がはじまる。

画像1: © Loganair

© Loganair

 なんとテディベアは、肩にパイロットの肩章をつけ、まるでパイロットのような特別なシートベルトをつけて座席に着席。

画像2: © Loganair

© Loganair

 離陸するとテディベアは乗客席に移動し、タンノックのキャラメルウェハースを堪能。

画像3: © Loganair

© Loganair

 さらには、クリスティーと共にコックピットにも遊びに行って、機長、副機長も一緒に記念撮影。人間でも憧れるVIP待遇。 

画像4: © Loganair

© Loganair

 このなんとも粋なはからいの末、テディベアはついにサマーちゃんの元へ。最後には、みんなで記念撮影。

画像5: © Loganair

© Loganair

 このホスピタリティあふれるローガン・エアーの行動には、拍手喝采が送られた。

This article is a sponsored article by
''.