人気俳優のヒュー・ジャックマンが、共演者である女優のゼンデイヤにアドバイスを送った。

 上映前から話題になり、日本でも2月に公開されることが決定した映画『グレイテスト・ショーマン』。そんな話題作に出演するゼンデイヤが、主演のヒュー・ジャックマンに、ある言葉をもらっていたことをVariety誌のインタビューで明かした。

画像: ヒュー・ジャックマンが21歳女優に送った大切な言葉に共感

 ゼンデイヤは次にどんなプロジェクトを行うべきか悩んでいるときに、ヒューからアドバイスをもらったという。
 「私は次に何をするか迷っていたら、ヒューが私に『もし、それが君にとってハッピーなことではなかったら、しないほうがいい。自分で決めないと。ほかの人に何と言われようと、自分の直感を信じるんだ』と言ってくれたの」と、ヒューからのアドバイスに感謝した。

 ハリウッドの世界だけでなく、どんな人生の選択でも共感できるこのアドバイス。
 ハリウッドという厳しい世界で20年以上ものキャリアがあるヒューの言葉は、今上り調子で大事な時期を迎えているゼンデイヤにとって大きなひと言だったに違いない。

This article is a sponsored article by
''.