国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のノーベル賞受賞を記念したコンサートで、グラミー賞受賞シンガーのジョン・レジェンドと、「最も影響力のある10代」に選ばれたザラ・ラーソンが、デュエットで感動のパフォーマンスを披露した。

原爆の被害を乗り越えた被爆ピアノ

 ノーベル委員会主催の国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のノーベル賞受賞を記念したコンサートが、日本時間11日にノルウェーのオスロで行われた。

 同コンサートのために運ばれたのは、第二次世界大戦で広島に投下された原子爆弾の被害を乗り越えた「被爆ピアノ」。

画像: 原爆の被害を乗り越えた被爆ピアノ

 このピアノを、『ラ・ラ・ランド』に出演した米人気シンガーのジョン・レジェンドが弾き、ノルウェーの会場にその音色が鳴り響いた。

 グラミー賞受賞シンガーであるジョンの甘い歌声と、彼が弾く被爆ピアノの音色とともに、デュエットを果たしたのは「最も影響力のある10代」に選ばれた19歳のシンガー、ザラ・ラーソン。

 2人の歌声と被爆ピアノよって生まれた絶妙なハーモニーで、ビーチ・ボーイズの名曲「ゴッド・オンリー・ノウズ(God Only Knows)」を熱唱し、会場を魅了した。

画像: John Legend And Zara Larsson perform "God Only Knows" At Nobel Peace Prize Concert 2017 www.youtube.com

John Legend And Zara Larsson perform "God Only Knows" At Nobel Peace Prize Concert 2017

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.