拒食症を患いヤセ細っていた女性が、健康的な体で美しい女性に大変身した。

現在22歳のイギリス出身の女性エメル・ルイス。「今」の姿を見れば健康的で美しい若い女性だが、彼女には想像ができないほど壮絶な過去があった。

 それは拒食症という病に苦しめられた過去。彼女は15歳のときから自分のことを太って醜いと思いはじめ、約6年間も拒食症を患っており、体重は31キロまで落ちて背骨が浮き出るほどヤセ細っていた。さらに7度も入院をし、ぴったり合う服と言えば子供サイズの洋服のみ。
 

 しかし、彼女は2016年5月に拒食症と絶縁する決意をし、そこから彼女の快進撃がはじまる。

 彼女はジムに通うようになり、ウエイトトレーニングを取り組み、さらに食べ物にも気を使うようになり、1日2,800キロカロリーの食事を取れるまでに回復。

 現在の彼女は、子供服から脱却し、大人のSかM相当を着ることができるように。それどころかヒップもキュッとあがり、憧れのメリハリボディを手に入れた。

 エメルは現在拒食症という病で失った思春期を取り戻すかのように、友人や家族たちとの時間を大切にしている。

This article is a sponsored article by
''.