旅のプロであるセレブたちが実践している時差ボケ防止法を紹介。

 年末年始の休暇に飛行機に乗って海外旅行に出かけるという人も多いはず。そこで心配なのが「時差ボケ」。
 せっかくの旅行が時差ボケによる睡眠不足や体調不良で台無しにならないようにするためには一体どうしたらいい? 

 職業柄、頻繁に世界中を旅しているセレブたちが実践している、独自の時差ボケ防止法を教えます! 

  

<1>現地時間の夜になるまで絶対に寝ない

画像: <1>現地時間の夜になるまで絶対に寝ない

シェイ・ミッチェル
 大の旅好きで1年の半分以上は外国に出かけているドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』の女優シェイ。「すぐに旅行先のタイムスケジュールに慣れることが重要」と語る彼女は、どんなに眠くても、現地時間で夜になるまで絶対に寝ないという。「昼寝をしたら、リズムが狂っちゃうわ。私はこの方法で一度も時差ボケしたことはないの」と念押ししている。(ソース)  

<2>大量の水を飲む

画像: <2>大量の水を飲む

クロエ・カーダシアン
 時差ボケにとって最も効果的なのは、十分な水分を体に蓄えておくこと。お騒がせセレブ一家、カーダシアン家の3女のクロエは、飛行機に乗る際、現地の空港に着陸するまでに1ガロン(約3.8リットル)の水を飲むことをタスクとして自分に課している。(ソース)

  

<3>裸足で地面を歩く

画像: <3>裸足で地面を歩く

ナオミ・ハリス
 映画『ムーンライト』の女優のナオミの方法は、目的地に到着後、飛行機から降りたらすぐに靴と靴下を脱いで裸足で地面を歩き回ること。20~45分間のあいだこうすることで、不思議と時差ボケせずに済むのだとか。(ソース)

  

<4>アロマオイルを使う

画像: <4>アロマオイルを使う

カロリナ・クルコヴァ
 チェコスロバキア出身の人気モデルのカロリナの旅の必需品は、携帯用の容器に入れたアロマオイル。眠気覚ましにはペパーミントオイル、そして、リラックスしたいときにはラベンダーオイルの香りを嗅いで眠気をコントロールしている。(ソース)

  

<5>水に浸かって眠気覚まし

画像: <5>水に浸かって眠気覚まし

アレッサンドラ・アンブロジオ
 ビーチリゾートやプールのある宿泊施設などに滞在予定の人には、トップモデルのアレッサンドラの方法がおすすめ。「時差ボケを解消するために、泳ぎに行くわ」と、現地に着いたらすぐに水着に着替えて水に浸かり、リフレッシュすると明かした。(ソース)

  

<6>オレンジジュースを飲む

画像: <6>オレンジジュースを飲む

ガル・ガドット
 映画『ワンダーウーマン』一躍スターの仲間入りを果たしたガルの方法は、搾りたてのオレンジジュースを飲むという至ってシンプルなもの。ガルは「オレンジに含まれるビタミンCが免疫力をアップして、旅行中もエネルギーを漲らせてくれるの」とコメント。さらに、できるだけ日光を浴びるようにしていると付け加えている。(ソース)

  

<7>フライト中に睡眠をとる

画像: <7>フライト中に睡眠をとる

ジジ・ハディッド
 若手トップモデルのジジが薦めるのは、できるだけ機内で睡眠をとっておくという方法。現地ではめいっぱい旅行を楽しむため、寝られるときに寝られるだけ寝て、エネルギーを蓄えておくのが◎。(ソース)

  

<8>ショウガ&ウコンのエキスを飲む

画像: <8>ショウガ&ウコンのエキスを飲む

マーゴット・ロビー
 これまでの旅で、時差ボケにはショウガが絶大な効果を発揮することを学んだ映画『スーサイド・スクワッド』のマーゴットは、ショウガのエキスが配合されたアロマオイルを使っているだけでなく、免疫力をアップするショウガとウコンのエキスをミックスしたドリンクを飲んでいる。(ソース)

  

 セレブの時差ボケ対策を参考に、安全で健康的な旅行を楽しんで! 

This article is a sponsored article by
''.