ホリデーシーズンを盛り上げるクリスマスソングの中から、人気セレブたちのお気に入りを発表。セレブ界でもダントツ人気のクリスマスの名曲は、やっぱりあの曲!

ジャスティン・ビーバー

画像1: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

「サンタが街にやってくる」

「みんなをワクワクさせる永遠の定番だから」という理由で、1930年代に発表されたお馴染みのアップチューンを選んだジャスティン。2011年にリリースした自身のクリスマス・アルバムにも、同曲のカバーバージョンを収録。

画像: Justin Bieber - Santa Claus Is Coming To Town (Arthur Christmas Version) www.youtube.com

Justin Bieber - Santa Claus Is Coming To Town (Arthur Christmas Version)

www.youtube.com

セレーナ・ゴメス

画像2: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

「ハヴ・ユアセルフ・ア・
メリー・リトル・クリスマス」

ホリデーシーズンは、とにかく家族とまったり過ごしたいというセレーナは、スローテンポでロマンチックな1曲をチョイス。ミュージカル映画『若草の頃(1944年)』で大女優ジュディ・ガーランドが歌ったこの名曲は、これまでに数々のアーティストたちがカバー。最近では、グラミー賞受賞シンガーのサム・スミスがお馴染みの甘い歌声でしっとりと歌いあげたアコースティック・バージョンが話題に。

画像: Sam Smith - Have Yourself A Merry Little Christmas www.youtube.com

Sam Smith - Have Yourself A Merry Little Christmas

www.youtube.com

テイラー・スウィフト

画像3: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

「イッツ・クリスマス・タイム」

プレイリストを作るほどクリスマスが好きなテイラーが、「もっとみんなに知ってほしい隠れた名曲」として挙げたのは、ドラマや映画などの挿入歌として楽曲が使用されている女性シンガーのジュールズ・ラーソンのクリスマス・チューン。

画像: Jules Larson - It's Christmas Time www.youtube.com

Jules Larson - It's Christmas Time

www.youtube.com

チャーリー・プース

画像4: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

「マイ・オンリー・ウィッシュ
(ディス・イヤー)」

シングル曲「シー・ユー・アゲイン」の大ヒットで知られる若手シンガーのチャーリーが、「じつは大好きなんだ」と明かしたのは、ブリトニー・スピアーズが2000年に発表した、とびきりポップなクリスマスソング。

画像: Britney Spears - My Only Wish (This Year) (Audio) www.youtube.com

Britney Spears - My Only Wish (This Year) (Audio)

www.youtube.com

ナイル・ホーラン

画像5: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

「ホワイト・クリスマス」

ワン・ダイレクションのナイルが選んだのは、定番中の定番「ホワイト・クリスマス」。特にお気に入りなのは、セクシーな歌声で“ポップ界の貴公子”とも呼ばれるマイケル・ブーブレがカントリーシンガーのシャナイア・トゥエインとデュエットしたカバー・バージョン。

画像: Michael Bublé - White Christmas (ft. Shania Twain) [Official HD] www.youtube.com

Michael Bublé - White Christmas (ft. Shania Twain) [Official HD]

www.youtube.com

カミラ・カベロ

画像6: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

ザ・クリスマス・ソング

フィフス・ハーモニーを脱退して今年ソロに転身したカミラのお気に入りは、誰でも1度は耳にしたことがあるレトロな名曲。最も有名なのは、ジャズ・ピアニスト歌手のナット・キング・コールが歌った、聴くだけで心が温まるようなムーディーなアレンジ。

画像: Nat King Cole - The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire) www.youtube.com

Nat King Cole - The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)

www.youtube.com

マシュー・ルイス

画像7: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

ラスト・クリスマス

1位有力候補の「ラスト・クリスマス」を選んだのは、映画『ハリー・ポッター』でネビル役を演じたマシュー。「やっぱ、ワム!のラスト・クリスマスが最高だよね」と、母国イギリス発のクリスマスソングへの愛を語った

画像: Wham! - Last Christmas (Official Video) www.youtube.com

Wham! - Last Christmas (Official Video)

www.youtube.com

「ラスト・クリスマス」を抑えて

ダントツで人気No.1に輝いたのは…


画像: ©Wayne Maser

©Wayne Maser

やっぱりダントツ人気は、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」! イントロを聞くだけで心がワクワクするようなキャッチーなメロディは、リリースから20年以上経った今でも、王道クリスマスソングとして支持を得ている。

画像8: ホリデー気分を盛り上げる!セレブが選ぶ「お気に入りクリスマスソング」

「13歳の時に受けたオーディションでは、マライアの「恋人たちのクリスマス」を歌ったの。私の一番お気に入りの曲の1つよ」—アリアナ・グランデ

「マライア・キャリーの音楽がそこら中から聞こえてくると、ホリデーシーズンの訪れを実感するわ」―ケイティ・ペリー

「クリスマスには、マライアの曲を聴きながら、クリスマスセーターを着て踊りまくるわ」―レディー・ガガ

「一番好きなクリスマスソングは、断然マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」。永遠の定番よね。私もいつかクリスマスソングをレコーディングしてみたいな」―ザラ・ラーソン


“クリスマスの女王”マライアが新クリスマスソングを発表!

 そんなクリスマスの女王マライアが、新たなクリスマスソング「リル・スノーマン」をリリース!

 チャック・ベリーが有名にした古典的クリスマスソング『ラン・ルドルフ・ラン』(1958年)を引用したオールドファッションなロックンロールを意識したサウンドで、マライアの新たな一面を発見できる、ノリノリのハッピーチューンとなっている。

画像: Mariah Carey - Lil Snowman www.youtube.com

Mariah Carey - Lil Snowman

www.youtube.com

 同曲は、名曲「恋人たちのクリスマス」をベースにマライア本人が製作総指揮を務めたアニメ映画『マライア・キャリー クリスマスにほしいもの』のために書き下ろされたもの。12月21日の日本版DVDのリリースに先駆けて発売されたオリジナル・サウンドトラックに収められている。

画像: www.sonymusic.co.jp
www.sonymusic.co.jp

 同サウンドトラックは、映画の重要なシーンを盛り上げる楽曲のほか、「リル・スノーマン(※新曲)」と「恋人たちのクリスマス」を含む、マライアによる4曲のクリスマスソングを収録。

 まるでマライアからのひと足早いクリスマス・プレゼントかのような聴きごたえのあるアルバムは必聴! 

マライア・キャリー クリスマスにほしいもの
オリジナル・サウンドトラック
SICP-5650 2,200円+税
【国内盤】歌詞・対訳・ライナーノーツ/豪華8ページの塗り絵BOOK入り

【収録曲】
1.恋人たちのクリスマス <歌唱:ブレアナ・イーディー>
2.リル・スノーマン <歌唱:マライア・キャリー>★新曲
3.クリスマス・タイム・イズ・イン・ジ・エア・アゲイン <歌唱:マライア・キャリー 2010年発売>
4.ワイルド & クレイジー・クリスマス <歌唱:アイザック・ライアン・ブラウン>
5.ミス・ユー・モースト (アット・クリスマス・タイム) <歌唱:マライア・キャリー 1994年発売>
6. 恋人たちのクリスマス <歌唱:マライア・キャリー 1994年発売>
7.マライア・キャリー クリスマスにほしいもの テーマ・ソング <インストゥルメンタル>
8. ジャックズ・スイート <インストゥルメンタル>
9.マライア・アンド・ジャック・メドレー <インストゥルメンタル>
http://www.sonymusic.co.jp/artist/MariahCarey/discography/SICP-5650

This article is a sponsored article by
''.