今海外で、爪にタトゥーをいれるのがトレンドとなっている。

 さまざまなビックリトレンドが飛び交う海外で、今新たに注目されているのが爪にいれるネイルタトゥー。体にいれるタトゥーに抵抗がある人が、オシャレとして楽しんでいる。

 このネイルタトゥーは痛みはほぼなく、爪が伸びてカットされればなくなるので、一時的なオシャレにも。

 ジャスティン・ビーバーやケンダル・ジェンナーも通う人気タトゥーアーティストのジョンボーイは、Seventeen誌のインタビューで、「ネイルタトゥーは、普通の肌にいれるネイルよりも集中力が必要です。タトゥーアーティストとしては、爪はとても固いので肌にタトゥーをいれるのとは全く違います」と話し、タトゥーアーティストなら誰でもできるわけではなく、高い技術が必要となると明かした。

 海外で今じわじわとブームになってきているので、これからどれほど人気広げるのかに注目。

This article is a sponsored article by
''.