人気シンガーのブルーノ・マーズが、キング・オブ・ポップの異名を持つマイケル・ジャクソンの記録と並んだ。


 今年の4月に来日公演が予定されているブルーノ・マーズ。そんな彼が、マイケル・ジャクソンが保持していた記録に追いついた。
その記録とは、リリースしたアルバム3作品連続で、シングルカットした3曲がUSシングルチャートトップ10入りを果たしているというもの。

Bruno Marsさん(@brunomars)がシェアした投稿 -


 先日ブルーノは、アルバム『24K・マジック』に収録されている、人気女性ラッパーのカーディ・Bを迎えた曲「フィネス」をシングルカットしてリリース。

Bruno Marsさん(@brunomars)がシェアした投稿 -

 そしてこの「フィネス」がUSシングルチャートのトップ4に入ったことで、今回の大記録を達成することができた。

 マイケルは、『オフ・ザ・ウォール』『スリラー』『バッド』のアルバム3作品それぞれで、シングルカットした3曲がUSシングルチャートのトップ10入りを果たしている。

 この記録を持つのはマイケルだけだったが、今回ブルーノが追いついた。

This article is a sponsored article by
''.