ビル・ゲイツと故スティーブ・ジョブズの愛憎関係は、娘の世代にも受け継がれているよう。

世界一有名な「ライバル関係」

 マイクロソフト社の共同創業者のビル・ゲイツと、アップル社の共同創立者の故スティーブ・ジョブズといえば、同じIT業界で世界トップを競い合ったライバル同士。

画像1: 世界一有名な「ライバル関係」

 現役時代の2人は同志でありライバルでもあり、その関係性は常に世界中から注目されていた。そんな競い合う2人の関係は、世代を超えて受け継がれている。

 以前、フロントロウでもご紹介した通り、スティーブには19歳の娘イブ・ジョブズがいる。名門スタンフォード大学に通う才女であり、世界大会で優勝するほどの馬術の技術の持ち主。

画像2: 世界一有名な「ライバル関係」

 一方のビルも21歳の娘ジェニファー・ゲイツがおり、彼女もまたスタンフォード大学に通う才女。さらに驚くべきことに、ジェニファーも馬術で高い成績を残す、馬術界の期待の星である。

画像3: 世界一有名な「ライバル関係」

 米馬術連盟USEFが今年発表したばかりの選手ランキングでは、イブが31位、ジェニファーが18位と、若干ジェニファーの方が上位につけているものの、2人が同じ馬術大会に出場した時には、互角の戦いを繰り広げた。

画像: イヴ・ジョブス(左)、ジェニファー・ゲイツ(右)

イヴ・ジョブス(左)、ジェニファー・ゲイツ(右)

 IT業界で競い合った天才であり、父親である2人のように、娘たちも同じフィールドで競い合っているなんて、思わず「天命とはこういうこと」と感じてしまう。

This article is a sponsored article by
''.