ラッパーのカーディ・Bが、ライブ中も移動中もずっと「股間」を隠すように手で覆っていた驚愕の理由とは?

大事な部分が丸見えに

 昨年、シンガーのテイラー・スウィフトから全米チャート首位を奪い取って話題となった、注目の若手女性ラッパー、カーディ・B(25)。元ストリッパーという異色の経歴を持つ彼女は、以前ヌード写真が流出してしまった際に「私ってなかなかいい体でしょ」と発言し、世間の度肝を抜いたことがあるのだが、そんな彼女が2018年のしょっぱなからやらかしてくれた。

 先日、ラテンシンガーのオズナと一緒にパフォーマンスをおこなったカーディは、ドルチェ&ガッバーナのピンクのドレスを着てステージに登場。でもその時撮られた写真を見ると、なぜかカーディはずっと股間のあたりを手で隠している…。

 実はカーディはノーパンの状態でこのドレスを着ていたのだが、本番直前までドレスがスケスケであることに気づかず、慌てて取った対策が「手で大事な部分を隠す」という方法だったのだ。

 正直なところ、「なんとかしてパンツを入手することはできなかったのか!?」と思ってしまうが、そこは性や裸に対して奔放な考えの持ち主であるカーディ。今回の件もさほど気にしていないようで、「ギリギリになってシースルーだってことに気づいたの(笑)」と自身のインスタグラムで笑い飛ばしていた。

画像: 大事な部分が丸見えに

 ちなみに、ライブ中だけでなく移動の際も手でしっかりとガード。

This article is a sponsored article by
''.