ビヨンセ&ジェイ・Zを両親に持つブルー・アイヴィーちゃんの、第60回グラミー賞でのある行動がネットで話題騒然となっている。

 現地時間28日(日)にニューヨークで行われていた第60回グラミー賞。その会場で最前列に座っていたのは、ビヨンセとジェイ・Z夫妻、そして長女ブルー・アイヴィーちゃん。

Beyliteさん(@beylite)がシェアした投稿 -

 現在6歳にしてすでに大物オーラを放っているブルー・アイヴィーちゃんだけれど、アワード開催中にブルー・アイヴィーちゃんでしかできない、ある行動をしていた。

 それは、シンガーのカミラ・カベロがステージ上でスピーチをしていた時のこと。カミラに対して拍手をする母ビヨンセに対して、「落ち着いて」とでもいうような仕草をしたブルー・アイヴィーちゃん。

 「もう拍手はしなくていいよ」というように、ビヨンセをなだめるような行動を取ったブルー・アイヴィーちゃんに対してファンたちは、「最高に面白い」「こんなことができるのは、ブルー・アイヴィーだけ」と大喜び。

 セレブ界一パワフルな夫婦に、このような態度を取れるのは確かに娘のブルー・アイヴィーちゃんだけ。ビヨンセとジェイ・Zを制するという、なかなか見ることのできないレアな瞬間となった。

This article is a sponsored article by
''.