第60回グラミー賞での、ラッパーのロジック&アレッシア・カーラ&カリードのパフォーマンスに、会場から歓声があがった。

 ニューヨークで開催された第60回グラミー賞で、年間最優秀楽曲と最優秀ミュージック・ビデオの2部門にノミネートされていた、ロジック feat. アレッシア・カーラ&カリードの「1-800-273-8255」。残念ながら受賞は逃したが、アワードではパフォーマンスを披露。

Logicさん(@logic)がシェアした投稿 -

ラストのスピーチに拍手喝采

 自殺防止について訴えかけた「1-800-273-8255」のタイトルは、アメリカの自殺防止ホットラインの電話番号。黒いフーディーを着てステージに登場し、胸元にはこの電話番号が書かれ、背中には「YOU ARE NOT ALONE(君は一人じゃない)」とメッセージが書かれていた。

 今回のグラミー賞で見事最優秀新人賞を獲得したアレッシアも、「GIVE US HOPE(希望をください)」と書かれたTシャツを着ていた。最優秀新人賞にもノミネートされていた若手シンガーのカリードもステージに登場すると、背後からは自殺未遂を図って命が助かった人や大切な人を自殺で失った人たちもステージに加わった。

画像: ラストのスピーチに拍手喝采

 パフォーマンスの最後にロジックが、「黒は美しい」と力強く語りかける。続けて、「憎しみは醜い。俺が今まで出会った男性よりも女性たちはみんな強く、そして同じぐらい大切な存在なんだ」と話した。

 さらに、「文化や多様性、そして何千年もの歴史を持つ美しい国々、君たちは腐った国なんかじゃない」と、トランプ米大統領が特定の国のことを「腐った国」と表現したことについても言及。この部分はもともと「君たちは美しい」というはずだったものの、直前で「腐った国」に直したという。

 「俺たちが起こそうとしている変化への準備ができず、不公平で不平等な世の中で、平等になるように戦っている人たちのために言う。助けを求めて疲れ果てた貧しい移民の人たちを連れてきてほしい。より良い世界だけでなく、団結する世界をみんなでつくろう」と、壁を作るのではなくなくそうと感動的なスピーチを披露し、会場からは割れんばかりの拍手が送られた

画像: Logic's Impassioned Immigrant Speech (Grammy's) www.youtube.com

Logic's Impassioned Immigrant Speech (Grammy's)

www.youtube.com

 ロジックは過去に離人症性障害を発症し、生きた心地がしなかったと明かしている。そんな彼が歌う「1-800-273-8255」は、「もう生きたくない/今日死にたい」と胸の内を明かしながら、「辛いけど、頑張って生きていこう」と少しずつ生きる希望を見つけ、前へ進んでいくという名曲。

 今回のパフォーマンスは、「思わず涙が出た」と感動する人が続出し、第60回グラミー賞でも大きなハイライトの1つとなった。

This article is a sponsored article by
''.