フォトグラファーのアルファーが12年間撮影し続けてきた同じ窓。その窓に待っていた結末とは?

 インスタンブールに住む弁護士兼フォトグラファーのアルファーという男性。アルファーは毎日、彼の部屋から見えるある窓を眺めており、12年もの間その窓の姿を収めた写真を撮り続けていた。

画像1: 12年間撮影してきた窓、その行く末に心が締め付けられる

 その窓は、晴れの日や陰る日、そして雪の降る日などの天気や、日々の出来事によって表情を変えていた。

画像2: 12年間撮影してきた窓、その行く末に心が締め付けられる
画像3: 12年間撮影してきた窓、その行く末に心が締め付けられる
画像4: 12年間撮影してきた窓、その行く末に心が締め付けられる

 しかし、終わりは突然やってくる。

 この窓があるビルのオーナーがビルの建て替えのため、建物を壊してしまうことに。アルファーは12年間撮影してきた窓の最後の瞬間まで記録しようと、壊される寸前までシャッターを切った。

画像5: 12年間撮影してきた窓、その行く末に心が締め付けられる

 建物が壊されるなか、撮影された窓。
 アルファーが12年間撮影し続けた窓は、まるで彼に何かを訴えるかのように、外壁が崩れ落ちるなかで窓枠の形をとどめ、最後の姿を写真に残した。

This article is a sponsored article by
''.