今年行われた第60回グラミー賞で起こったおもしろ場面などを総まとめ。60回目となる節目の年を迎えたグラミー賞では、こんな出来事がありました。

ビヨンセ、最前列で娘にお菓子

 今年最多ノミネートされていたジェイ・Zを夫に持つビヨンセは、ジェイと娘のブルー・アイヴィちゃんと3人でグラミー賞授賞式に参加。
 音楽界きってのパワーカップルであるビヨンセとジェイの座席は、もちろん最前列。
 そんな特等席で目撃されたのは、ゴージャスなファッションに身を包んだビヨンセが、お菓子とジュースを両手に子供の面倒を見る姿。最前列ではめったに見られないレアな光景となった。


ロードのお供はお酒

 年間最優秀アルバム賞に『メロドラマ』がノミネートされていたシンガーのロード。そんな彼女がグラミー賞の会場でお供にしたのは、なんとお酒を入れるスキットル。
 実は昨年のグラミー賞では、リアーナがキラキラにデコレーションしたスキットルを持ち話題になっており、今年はロードがドレスの色と同じく真っ赤なスキットルを持ち込んで授賞式に参加した。


大御所シンガー、移動を忘れる

 最優秀ラップ/ソング・コラボレーションの発表の時、ジョン・レジェンドと共にプレゼンターを務めた大御所シンガーのトニー・ベネット。最近ではレディー・ガガとのコラボでも知られている。 そんな彼は受賞者であるケンドリック・ラマーとリアーナを壇上に迎えたが、本来プレゼンターは受賞者に場を譲らなくてはならないが、ずっと中央に立ち続けて話題に。
 大御所のトニーを相手に控えめに対応するリアーナもエレガント。


1歳男児、父親とおソロのスーツで登場

 グラミー賞授賞式でパフォーマンスを行ったDJキャレドがレッドカーペットに連れて来たのは、息子のアサドくん。アサドくんは1歳ながらインスタグラムで180万人のフォロワーを持つ人気者で、誕生日には約1,000万円もの時計をキャレドからプレゼントされたセレブキッズ。
 そんなアサドくんは、父キャレドと共に赤のヴェルヴェッドスーツでレッドカーペットに登場し、視線を奪った。

DJ KHALEDさん(@djkhaled)がシェアした投稿 -

This article is a sponsored article by
''.