昨年、世界中で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』の絶叫ポイントを大特集!

 劇場公開前から大きな話題を呼び、日本だけでなく世界中で大ヒットを記録した映画『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』(以下『イット』)。そんな話題作のブルーレイ&DVDが2月21日(水)に発売される。そこで、「怖いもの見たさ」で本作を見たくなるような絶叫ポイントを7つ集めてみました。

① 「27」という数字をめぐる奇妙な一致

 本作で子供たちを恐怖に陥れる殺人ピエロ「ペニーワイズ」は27年おきに街に現れ、子供たちを餌食にしていくのだが、実はこの「27」という数字は物語の枠をこえて映画『イット』やその関係者と奇妙なつながりを持っている。

画像: ①	「27」という数字をめぐる奇妙な一致

 たとえば、ペニーワイズを演じた俳優のビル・スカルスガルドは現在27歳。また、1990年にテレビ映画として公開された『イット』で少年時代のビル役を演じた俳優のジョナサン・ブランディスは、27歳の時に自宅で首を吊って自ら命を絶っている。

 そして本作が公開されたのはTV映画版が公開されてから27年後。全米公開は2017年9月8日だったのだが、実はそれぞれの数字をひとつずつ足していくと合計が27に。

  2+0+1+7+9+8=27

 劇場公開がTV映画版から27年後になったのはまったくの偶然だったといい、リッチー役を演じたフィン・ウォルフハードは、最初に予定されていた監督が降板したことにより、「26年後に公開されるはずが、27年後になった」と、米HuffPostのインタビューで明かしている。

② ペニーワイズのモデルは実在した殺人鬼?

 アメリカの犯罪史上最も凶悪な殺人鬼の1人で、6年間で少年を含む33人の若い男性の命を奪ったジョン・ウェイン・ゲイシー。実在するこの殺人鬼こそが、見る人に強烈な印象を与えるペニーワイズのモデルとなった人物。

画像: ②	ペニーワイズのモデルは実在した殺人鬼?

 諸説あるが、ゲイシーは自身が同性愛者であることを隠すために犯行に及んだと言われており、被害者の多くが性的暴行をくわえられたうえで殺害されたという。33人の被害者のうち4人の遺体は近所の川に遺棄され、残りの29人の遺体は彼の自宅の床下に埋められた状態で見つかった。

 ゲイシーは、パーティなどで子供たちを楽しませるためにピエロに扮することが多かったことから、「殺人ピエロ(Killer Clown)」の異名を持つ。また、刑務所で服役中にひたすらピエロの絵を書き続けていたことでも有名。彼が描いたピエロの絵は高値で取引きされている。

③ 「トラウマ」がある人ほど要注意

 劇中で子供たちにしか見えない存在として描かれているペニーワイズだが、彼の姿が見える人には子供であるということ以外にも共通点がある。それは、みんな何かしらのトラウマを抱えているということ

画像1: IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

 人々が内に秘める底知れない恐怖。それこそがペニーワイズを引き寄せる誘発剤なのである。劇中で子供たちが自分のトラウマと対峙し、恐怖と戦う場面が何度も登場するのだが、その度に自分の中にある恐怖心を見透かされ、心をえぐられる人たちが続出。

 ちなみに、TV映画版では大人にもペニーワイズが見えているので、年齢はとくに関係がない可能性も。なので子供や大人に限らず、何か「トラウマがある」「強い恐怖心を感じるものがある」という人は要注意。次のターゲットはあなたかも…?

④ 見たら最後!? 赤い風船が意味するもの

 不気味な笑みを浮かべたペニーワイズが手に持つ赤い風船…。『イット』についてすでにご存じの方のなかには、『イット』=赤い風船というイメージが定着している人も多いはず。でも一体この赤い風船は何を意味しているのだろうか?

画像: ④	見たら最後!? 赤い風船が意味するもの

 本来子供たちを相手にする職業であるピエロにとって、風船は彼らの気をひくための必須アイテム。そして本作ではこの風船が「死の予兆」として描かれている。

 劇中で赤い風船が登場するシーンがたびたび出てくるのだが、実はこの赤い風船はすべてペニーワイズによって映し出された“幻覚”。何かトラウマを抱えている人にしかペニーワイズが見えないのと同じように、赤い風船は恐怖で怯える特定の人たちにしか見ることができない。そしてその赤い風船を見てしまった時、近くに必ず“イット(それ)”の姿が…。

⑤ 「怖すぎる」という理由で、あるシーンがカットに

 どうやら「怖すぎる」という理由でカットされてしまったシーンがあるそうで、ペニーワイズを演じたビルは、その問題のシーンについて米Variety誌のポッドキャスト番組『プレイバック』でこう明かしている。

 「ペニーワイズがペニーワイズになる前の1600年代の回送シーンを撮影したんだけど、それがかなり強烈なものでね。僕はピエロの姿ではなく、むしろ自分自身に近い姿だったんだけど、すごく怖かった。イットの背景というかペニーワイズの生い立ちについてのシーンなんだ」

画像: ⑤	「怖すぎる」という理由で、あるシーンがカットに

 現状ですでに十分怖いのだが、カットされるほどの恐怖シーンを撮っていたとはさすが“最恐ホラー”。本作の記録的ヒットは、まさに制作陣の豊かな想像力があってこそと納得させられる。ちなみに、ウワサではカットされたシーンに子供を食べる場面が含まれていたというが果たして?

⑥ エンドロールで聞こえてくる笑い声

 エンドロールを最後まで見るとどこからか突然不気味な笑い声が…。

 もうお気づきでしょうが、この声の主はペニーワイズ。その後、画面に「ある文字」が浮かび上がってくるのだが、この言葉を理解した時、新たな恐怖が襲いかかってくる。「全部見終わった」と気を抜かずに最後まで見ることをオススメする。

⑦ 家に帰る順番は○○の順番!?

 本作の終盤に、草地で子供たちが友情を噛みしめるほんわかしたシーンが出てくるが、そこでぜひ注目して頂きたい部分がある。最後に1人ずつその場から去っていくのだが、その時の「順番」に重大なヒミツが隠されている。

画像2: IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

 1990年公開のTV映画版では、この時家に帰った順番通りに大人になった彼らの身に何か不吉なことが起こる。具体的にどんなことが起こるのかについてはみなさんのご想像におまかせするが、TV映画版では大人になった彼らの前に再びペニーワイズが現れるということだけお伝えしておこう。


 「恐いけど見たい!」と思った方に朗報。2月21日(水)に、ついに『イット』のブルーレイ&DVD発売およびレンタルが開始される。ぜひ、自宅で“最恐ホラー”を堪能してみて!

画像3: IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』
DVD & ブルーレイ2月21日(水)発売/レンタル同時開始

ブルーレイ&DVDセット(2枚組/イラスト・カード付)¥3,990+税
4K ULTRA HD & 2D ブルーレイセット(2枚組/イラスト・カード付)¥5,990+税
スチールブック仕様 4K ULTRA HD & 2D ブルーレイセット(2,000セット限定/2枚組)¥6,990+税

デジタル先行配信中 :
http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/home_entertainment/index.html

This article is a sponsored article by
''.