若手実力派シンガーのチャーリー・プースが、セレーナ・ゴメスと一時期交際をしていたことを告白。交際が長く続かなかった“とある事情”についても語った。

 今年5月に待望のニューアルバムが発売されるシンガーのチャーリー・プースが、シンガーのセレーナ・ゴメスと一時期交際していたことを米Billboard誌のインタヴューで告白。

 2人が過去にコラボした大ヒットシングル曲「ウィ・ドント・トーク・エニモア」の話をしていた流れで、交際の事実を明らかにした。

画像: セレーナ・ゴメスの「魔性な一面」を過去のお相手が暴露

 「ヒミツを暴露するつもりはないけど、曲の内容に現実味が増すのは(誰かと誰かが交際している)舞台裏で実際に何かが起きていたからなんだ。まさにそれが僕とセレーナのあいだに起きたことだった。(交際は)とても短かったけど、僕に大きなインパクトを与えたんだ。そして僕をめちゃくちゃにした。(中略)彼女の頭のなかにあったのは僕だけじゃなかったんだ。それをなんとなく知っていたし、自分がどんなことに巻き込まれているのかもわかっていた」

 関係者は「2人が交際していた事実はない」と米E!Newsの取材に断言しているが、一時期いい感じだったことだけはチャーリーの発言からも確かだろう。

 ちなみに、彼が言っていた「セレーナの頭のなかにいたほかの誰か」が「(元カレの)ジャスティン・ビーバーなのでは?」と勘繰る声もあるが果たして?

This article is a sponsored article by
''.