アメリカで40代の夫婦が14歳未満の少女を「性奴隷」として自宅で1年以上軟禁した容疑で捕まった。

被害者は14歳未満の少女

 米ミズーリ州で40代の夫婦が10代の少女を「性奴隷」として約15ヵ月もの間自宅で軟禁していた容疑で逮捕され、卑劣な犯行の内容に「鬼畜すぎる」とアメリカ全土が騒然となっている。

 被害にあった少女の友人が警察に通報したことで発覚した今回の事件。地元警察の発表によると、逮捕されたラリー&アリシア・ダイクス容疑者による性的いたずら行為は少女が14歳未満の頃から始まったという。

画像: 被害者は14歳未満の少女

 しかし、次第に行為はエスカレートし、少女が14歳を迎えた頃にラリー・ダイクス容疑者からレイプされ、以降、1年以上に渡って口腔性交などの行為を1日に3回以上強要されていたことが関係者の証言からわかっている。

 また、米People誌によると少女は手錠をかけられ目隠しをされた状態で性的虐待をされていたといい、ときには妻のアリシア・ダイクス容疑者を交えた3人での性行為を強要されたこともあった。夫妻は少女を「性奴隷」として扱っていたとみられ、現在、性的虐待以外の余罪も含めて捜査が進められている。

 ちなみに、まだ捜査段階にあるため少女と夫婦の関係性は明らかにされていない。

This article is a sponsored article by
''.