映画『リリーのすべて』などで知られる女優のアリシア・ヴィキャンデルが、ハリウッド映画における男女格差について話した。

 映画『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル(29)が、彼女の出身地であるスウェーデンで開催されたヨーテボリ国際映画祭に出席した。そこでノルディック名誉ドラゴン賞を受賞したアリシアが、ステージでスピーチをした。

画像: ©Twitter/AliciaVikanderD

©Twitter/AliciaVikanderD

 そのスピーチでアリシアは、ハリウッドでまだ埋まることのない男女格差について触れ、「映画の中で強い女性はいつも1人だということに気が付きました。4回続けて主役として映画の制作に携わらせてもらいましたが、他の女性とのシーンは1つもありませんでした」と、これまでに多くの映画に出演してきたアリシアが、現場で感じた経験を語った。

 続けて、「男性VS女性ではないんです。女性と女性について考えることも必要です。私たちは引き離され、競うように仕向けられてきました。しかし、私たちは姉妹です」と、女性同士ももっと団結して変えていかなければいけないと明かした。

 セクハラ問題で揺れているハリウッドでは、その前から映画での女性の描き方だけでなく、男女の賃金の格差についても大きな問題となっている。

This article is a sponsored article by
''.