ラッパーのカーディ・Bが「Iライン」の脱毛に挑戦するも痛みに耐えられず途中で断念。その結果…。

「まだ痛む」とファンに激白

 1月末に行われたグラミー賞授賞式で、超人気シンガーのブルーノ・マーズとステージに立って話題となった注目の女性ラッパー、カーディ・B。大胆すぎる言動ですでにいくつもの伝説を残している彼女が、またしても自由奔放な発言でファンの度肝を抜いた。

画像: 「まだ痛む」とファンに激白

 今から約2週間前、女性にとって大事な部分である「Iライン」のワックス脱毛をおこなったことを自身のツイッターで明かしたカーディ。しかし、あまりの痛さに耐えられず片側だけをワックスしたところでギブアップ。

 途中で断念してしまったせいで陰部が「クレイジーな見た目になってしまった」と嘆いた。

 ちなみに、ツイッターにこの事実を投稿した時点で「(患部が)まだ痛む」と明かした彼女に、多くの“ワックス経験者”たちからアドバイスが殺到。その一方で、カーディの意見が「(今後、ワックスをする際の)参考になった」というワックス初心者もいた。

This article is a sponsored article by
''.