1億人以上が視聴すると言われるNFLのシーズン決勝戦であるスーパーボウルで、歌姫ピンクがインフルエンザを患いながらも完璧に国歌を熱唱した。

大舞台を前にインフルに感染

 38歳の人気シンガーのピンクが、1991年に故ホイットニー・ヒューストンがスーパーボウルで国歌斉唱した時から待ち望んでいたという、スーパーボウルでの国歌斉唱を見事にこなした。

 1億人以上が視聴すると言われるスーパーボウルで国歌斉唱したピンクは、なんとインフルエンザにかかっていた。

画像: 大舞台を前にインフルに感染

 しかし長年の夢であった大舞台でのパフォーマンスに加え、今年はピンクが大ファンを公言しているフィラデルフィア・イーグルスが決勝戦に進出。

 強敵ニューイングランド・ペイトリオッツとの闘いを前に、国歌斉唱で2チームを激励できるという、またとない機会に、ピンクはインフルエンザに負けることなく見事な歌声を披露した。

 ただ、ステージに上がったピンクの首にはマフラーが巻かれており、マイクの横にはウォーターボトルなどが常備されていた。

P!NKさん(@pink)がシェアした投稿 -

 国歌斉唱する時も、直前までノド飴らしきものを舐めており、表情ひとつ変えずに熱唱したピンクだけれど、やはり辛そうな様子だった。

 そんなピンクの国歌斉唱で幕を開けたスーパーボウルは、ついにキックオフ。現在も熱い戦いが繰り広げられている。

画像: Pink Belts Out the National Anthem! | Super Bowl LII NFL Pregame www.youtube.com

Pink Belts Out the National Anthem! | Super Bowl LII NFL Pregame

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.