人気コメディ俳優のケヴィン・ハートが、スーパーボウルでステージに入り込もうとしてセキュリティーに止められる動画がネットで拡散されている。

 現地時間で4日(日)に行われたプロのアメリカンフットボールリーグであるNFL優勝決定戦(スーパーボウル)には、多くのセレブたちが観戦に来ていた。その中の1人で、優勝したイーグルスの大ファンであるコメディ俳優であるケヴィン・ハートが、失態を犯してしまった。

 自分が応援していたイーグルスが優勝し、興奮のあまり選手たちだけが入れるステージに入り込もうとしたケヴィン。しかし、そこはセレブでも入れない特別なステージなので、ケヴィンがセキュリティーに止められている姿が全国放送で流れてしまった。

 163cmと小柄なケヴィンが、体が大きく背も高いセキュリティーに囲まれている光景はネットで広く拡散され、「まじウケる」「ケヴィン最高」と笑いのネタに。

もう1つ失態を犯す

 じつはこの時ケヴィンは酔っぱらっていたという。そんな酔っぱらっていたケヴィンは、生放送でインタビューを行っている中入り込み、マイク片手に語り始めた。しかしそこで、勢いあまって放送禁止用語の「ファック(Fuck)」と言ってしまったのだ。

 すぐに自分の失態に気付いて手で口を覆ったケヴィンは、自ら退場し、その姿もアメリカ全土に流れてしまうことに。

 そのあとケヴィンは次の日、インスタグラムで動画を載せて言い訳。そこには、「お酒を飲むとバカなことしちゃうんだよ。ステージに上がろうとしたのは、すごくバカな行動だったかもしれないけど、どうでもいいんだよそんなこと! イーグルズが勝ったんだぜ。まだほろ酔いだけどな」と話していた。

 投稿のハッシュタグには、「#妻の言うこと聞けばよかった」「#今朝吐いた」などと書かれており、飲み過ぎたことの後悔はしている様子だった。

This article is a sponsored article by
''.