母親を亡くしたある男性が、母親が亡くなる直前の心電図とメモをタトゥーに刻んだ。

 ワシントンに住む21歳のトーマスの母親デボラは、数ヵ月前に心不全にかかったことにより、血の流れが悪くなり、文字を書くことができなくなってしまった。しかしデボラは諦めず、もう一度物を書けるようになるため、リハビリを懸命に続けるも相当な努力だったという。

画像1: ©twitter/thomas_resch

©twitter/thomas_resch

 そんななか、デボラが再び心不全にかかり急死してしまう。しかもデボラが亡くなった日は、トーマスが家を出ていく日だった。そのためデボラは時間をかけて、「とっても寂しくなるわ。愛してる。母より」とメモを書き残していた。

 さらにデボラは亡くなった時に運動時の心拍数を図るFitBitを着けていたため、亡くなる直前の心電図も記録されていた。そこでトーマスは、この心電図とデボラが残した最後のメモをタトゥーにして残すことを決意。

画像: FitBitに残っていた心電図。©twitter/thomas_resch

FitBitに残っていた心電図。©twitter/thomas_resch

 そのタトゥーがこちら。

画像2: ©twitter/thomas_resch

©twitter/thomas_resch

 デボラが書いたメモが、そのままの書体でタトゥーに刻まれている。その書体からは、デボラがいかに苦労してこのメモを書いたかが伝わってくる。

 「本当に完璧だよ。ママ、心から愛してる」とトーマスは写真と共に自身のツイッターにタトゥーを公開した。トーマスは、母の最後の生きた明かしを永遠に自分の体に刻むことができた。

This article is a sponsored article by
''.