人気ラッパーのドレイクが、ふらりと立ち寄ったスーパーで買い物客全員分の会計を済ませるという太っ腹な行動に。

買い物客の代金を肩代わり

 ビルボードHot100をはじめ、チャート上位を席巻している新曲「ゴッズ・プラン」のMV撮影のためにフロリダ州マイアミを訪れていたドレイク。先日、彼が現地の女子大生に学費として約550万円をプレゼントし、現地の高校にも約270万円を寄付したことをお伝えしたが、ドレイクの善行はまだまだ続いていた。

画像: 寄付を行ったマイアミ市内の高校で学生たちに崇められるドレイク。

寄付を行ったマイアミ市内の高校で学生たちに崇められるドレイク。

  その翌日の夕方、買い物客で賑わうマイアミ市内のある大型スーパーに足を運んだドレイクは、店内に居た人全員分の会計を肩代わり。その総計は約5万ドル(550万円)にも上った。

 どこからともなく登場し、メガホンを使って、買い物カゴの中身の代金を全て支払うことを告げたドレイクに一般客たちはビックリ! ドレイクに代金を支払ってもらった女性の1人は米E!ニュースに「誰もドレイクが来るなんて思ってもみなかったわ。みんな食料品の買い物に来ただけだもの。なんだかカメラが設置されてるみたいだったから、一体何が起こるのかしら、とは思っていたけど…」とその時の様子を語っている。

I met drake today at the supermarket , thanks drake for the groceries #drake

A post shared by Rocio (@chiofdc) on

一般客たちと記念撮影するドレイク。

 さらに、その翌日にはマイアミ市内に設立されたばかりの、女性や子供のホームレスを保護するシェルターを訪問し、5万ドル(約550万円)を寄付していたドレイク。

 これらの彼の善行は、直訳すると「神の計画」となる「ゴッズ・プラン」のMVのためとウワサされているが、真相はいかに? 

This article is a sponsored article by
''.