ビューティ&ダイエット

BEAUTY-AND-DIET

日本映画『タイヨウのうた』米版主演女優、ニキビとポジティヴに向き合う方法

2016-6-16- 17:36

 思春期に現れ、多くの少女たちを悩ませる存在であるニキビ。その厄介な存在との向き合い方に、頭を抱えた人も多いはず。でも、そんな悩みを抱えているのはセレブも同じ。

 日本映画『タイヨウのうた』のハリウッド版の主演女優に抜擢され、全米ティーンに大人気の女優ベラ・ソーンもニキビに悩まされてきたうちの一人で、これまでも、自身のスナップチャットで顔に出来たニキビを公開するなど、肌のトラブルをオープンにしてきた。

bella3

 しかし、そんな彼女がついにニキビとのポジティヴな向き合い方を発見! 昨日(6月15日)公開されたPopsugarのインタビューで、ニキビで苦しんできた日々とともに、現在のニキビへの対処法を明かした。

 

ニキビのせいで部屋から出たくなかった

 汚いメイクブラシで化粧をしていたことが原因で、顔のあちこちにニキビが増えてしまったというベラは、その時の心境をこう語っている。

「部屋から出たくなかったわ。だってメイクでも隠せないほどひどいニキビが出来ていたんだもの。だから少しでもマシになるように何回も何回もメイクを重ねたんだけど、それで逆に悪化させてしまったの。しかも、世間の人たちはそんなニキビをみて、自己管理が出来ていないだとか不潔みたいに思うでしょ。ニキビなんて誰にでも出来るものなのに!」

 

ベラを救ったのは、姉ダニのアドバイス

 時には泣いてしまうほどニキビに困っていたベラを救ったのは、姉で女優のダニからのアドバイスだった。

ベラと、姉のダニ。

ベラと、姉のダニ。

 次の日に仕事があるにもかかわらず、ニキビが出来てしまって焦ったベラは、すぐさま姉のダニに「見てよ! 朝起きたらニキビが出来ているの!」と相談。すると、ダニは「ベラ、そのニキビは美しいわ。あなたの顔は綺麗よ。あなたの肌も綺麗。だから、あなたの顔も、肌も、ニキビも愛せばいいの」と助言。

 このダニの言葉に救われたベラは、「最近はたとえニキビができたとしても、『なんてかわいいニキビなの。私の肌大好き』と言い聞かせるようにしているわ」と、ニキビにストレスを感じてさらに肌を悪化させるのではなく、自分の肌を受け入れるようになったと語っている。

 

ベラの毎日のスキンケア

 とは言え、やはりニキビは気になってしまうもの。そんな人のために、ベラが米Teen Vogue誌で語った肌のお手入れ方法をご紹介。

1. 洗顔

「朝に2回、夜に2回顔を洗うようにしているの。だって、1回目の洗顔だけじゃ全ての汚れを落とすことはできないから」

2. 基礎化粧品

「洗顔をしたら化粧水をつけて、皮膚科医に処方してもらったジェル状の軟膏をつけているわ。あとは日焼け止めも塗っているわね」

3. 化粧をしない日を作る

「なるべくメイクしないで出かけるようにしているの。『ええ、ニキビもあるし、ニキビ跡もあるわ。でも、だからなんだっていうの?』って感じでね」

 

トレーニング後にジュースを購入したベラ。

トレーニング後、自分と、俳優の彼氏グレッグ・サルキンのためにジュースを購入したベラ。


 世の中にはニキビへの対処法がたくさんあるけれど、ベラが明かした「気にしない」というニキビとの付き合い方を変える方法は今すぐ出来て、そしてニキビを治すうえではとても大切なこと。肌のトラブルで悩んでいる人は、ぜひベラのアドバイスを取り入れてみて!

※症状によっては適切な治療が必要な場合もあるので、まずは皮膚科に相談を。

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部) / Megumi Kuga Photo: AFLO, YouTube/ Popsugar Girls Guide 

KEYWORDS

キーワード

ベラ・ソーン

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.