カルチャー

CULTURE

ミランダ・カーが実践している「旅を快適にするための4つのコツ」

2016-8-5- 8:00

 お盆休みも近づき、帰省や国内や海外への旅行などを計画している人も多いはず。旅行というと、ワクワクした気持ちでいっぱいだれど、長時間の移動を考えるとちょっぴり憂鬱な気分に…。でも、事前にちょっとした準備をしたり、工夫をするだけで、旅はもっと快適に楽しめる!

ミランダ・カー Miranda Kerr 旅 空港

 「10日に1度は旅している」と話すほど、つねに世界中を飛び回っている人気モデルのミランダ・カーが、移動中に実践している旅をより快適にするための4つのコツを紹介!

 

1. 動きやすく快適な服装を選ぶ

ミランダ・カー Miranda Kerr 空港 旅 ファッション

この日はAcne Studiosの白TシャツにAlexander Wangのデニム、CHANELのバレエシューズというシンプルなコーディネートに、Acne Studiosのカーキのレザーライダースを羽織って。

 「旅行だから」とつい張り切っておしゃれに気合をいれてしまいがちだけれど、移動が長時間に及ぶときは、とにかく楽な格好が一番。シンプルなTシャツにストレッチの効いたデニム、フラットシューズというスタイルがミランダの定番。気候の変化にも対応できるよう、すぐ取り出せる手荷物の中にカシミア素材のパーカーやジャケット、スカーフなどを常備している。

 

2. 肌の乾燥対策はしっかりと

 飛行機や電車の中は冷暖房の影響もあり驚くほど乾燥しているもの。移動中に肌の水分が失われ、旅行先に到着してから「メイクのノリが最悪…」なんてことにならないよう、ミランダは移動時間を使ってしっかり肌をケアしている。自身がプロデュースしているコスメブランドKORA Organicsの色つき保湿クリームやRMKのリップバームで軽めにメイクしながらバッチリ潤い補給。

 

3. 時差ボケ防止のために水分補給をたっぷりと

水 水分補給 旅行中 乾燥

飲むべきなのはあくまでも水。アルコールやカフェイン入りの飲み物はできるだけ避けて。

 海外旅行の場合、何といっても悩ましいのが時差ボケ。これまでに何度も時差ボケに苦しんだ経験があるミランダがたどり着いたのは、とにかく水をたくさん飲むという方法。これには一理あり、飛行機内の乾燥と低い酸素量は時差ボケを悪化させてしまうというレポートも。1時間に約250mlほどの水を飲み、あとはアイマスクを着け、リラックスして取れるときに仮眠をにとっておくのが◎。

 

4. 瞑想やストレッチでリラックス

ミランダ・カー Miranda Kerr ヨガ 瞑想 ストレッチ 旅

 本を読んだり映画を見たりして時間を潰すのも良いけれど、ミランダは移動中にも趣味のヨガやストレッチ、瞑想などをして、現地に着くまでの間にできるだけリラックスするようにしている。狭いスペースでも工夫して少しでも身体の血流を良くすることで、肩こりや腰痛、むくみなどを防ぎ、現地に到着してからもエネルギッシュに過ごせる。

 

 1か月の大半を世界各国を移動をしながら過ごしているミランダは、言ってみれば「旅のプロ」。そんな彼女が実践しているコツを真似すれば、きっとこの夏のアナタの旅も、もっと快適に楽しくなるはず! 

 

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/Ayumi Nakazawa Photo: スプラッシュ, ニュースコム, Instagram/ Miranda Kerr

KEYWORDS

キーワード

トラベル ミランダ・カー

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.