カルチャー

CULTURE

世界トレンド中の「#ScaryStoriesIn5Words(5ワードの怖い話)」傑作集をまとめ

2016-10-28- 16:40

 5つの言葉で怖すぎる話を語る「#ScaryStoriesIn5Words(5ワードの怖い話)」が欧米のツイッターを中心に拡散中。

 欧米のネットユーザーからは現代らしさを皮肉ったジョークにあふれたアイディアが提案されており、なかには、アメリカ大統領選を皮肉ったものも。これまでに提案されているもののなかから、傑作集をまとめました。

fr-scarystoryinfivewords

 

1 We Lost Internet Access Forever

(訳:我々は 一生 インターネット 通信を 失った)

 

2 Accidentally Liked Ex’s Wedding Photo

(訳:間違って 元恋人の 結婚式の 写真を いいねした)

 

3 She/He Has My Phone Password

(訳:彼女/彼に 自分の 携帯電話の パスワードが バレた)

 

4 Your Storage Is Almost Full

(訳:あなたの ストレージの 空き 領域が ありません)

 

5 Home Alone; Toilet Seat Warm

(訳:家に ひとり トイレの 便座が 温かい)

 

6 Twitter Decides To Shut Down

(訳:ツイッターが サイトを 閉鎖 することを 決めた)

 

7 Monday Tuesday Wednesday Tuesday Monday

(訳:月曜日 火曜日 水曜日 火曜日 月曜日)

 

8 Family Finds My Twitter Account

(訳:家族に ツイッターの 個人 アカウントが 発見された)

 

9 Whatever’s Underneath Trump’s Comb Over

(訳:トランプ氏の バーコード頭の 下に ある 何か)

 

10 This Election Will Never End

(訳:今回の 選挙が これからも ずっと 終わらない)

 

 「#ScaryStoriesIn5Words(5ワードの怖い話)」は夜のゲーム番組『アット・ミッドナイト』が始めたオンライン企画で、日本時間の本日(10月28日)13:00台から現在もツイッターで世界トレンドにランクインを続けている。

KEYWORDS

キーワード

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.