カルチャー

CULTURE

出会い系アプリ「ティンダー」がトランスジェンダー等LGBT+の選択肢を増やす

2016-11-18- 9:00

 海外で人気の出会い系アプリ「ティンダー(Tinder)」が、多様化するセクシャリティに対応する選択を開始した。

ティンダー Tinder LGBT トランスジェンダー 対応 性別選択 37種類

 現地時間11月15日にティンダーが、プロフィール欄の表示される性別に「男性・女性」以外の項目を追加したことを発表。

 新サービスでは、トランスジェンダーや、トランスウーマン、トランスマンなど、37種類もの新たな性のタイプが選択できる。

ティンダー Tinder

 ティンダーがこのようなサービスを始めたのは、すべての人に居心地のいい出会いの場を提供するため。

 男女の選択しかなかったこれまでは、例えばトランスジェンダーの利用者が他人とマッチ後にそれをカミングアウトして嫌がらせを受けるなどの被害が報告されていた。

ティンダー Tinder LGBT LGBTQ トランスジェンダー 対応 性別選択 37種類

 この発表とともに公開された動画には、トランスジェンダーの人々がティンダー上で受けた嫌なことや、今後のティンダーに期待する声が集められた。

 「21世紀を代表する出会い系アプリ」であるティンダー。古い考え方に縛られず時代の声をしっかり聞いているティンダーは、その名に恥じない進化を続けている。

 

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Sayaka Shichikawa、スプラッシュ/アフロ、ニュースコム、Tinder

KEYWORDS

キーワード

LGBT

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.