カルチャー

CULTURE

2016年に起きたフェミニストなできごと10選

2016-12-31- 8:00

 フェミニストとは、男女が平等の権利を持つべきだと思っている人のこと。

 フロントロウ編集部では、2016年にハリウッドを中心に起きたフェミニストな瞬間をおさらい。今年もたくさんのフェミニストが活躍した!

 

1 エマ・ワトソンがフェミニスト・ブッククラブを開催

 女性を応援する国連ウィメン(UN Women)の親善大使である、映画『ハリー・ポッター』のエマ・ワトソン。2015年には男性にフェミニズム運動に加わってもらう活動「ヒーフォーシー(HeForShe)」を展開したエマが、2016年はフェミニストに関連する本をおすすめして意見交換をおこなうブッククラブ「アワー・シェアド・シェルフ(Our Shared Shelf)」を設立。セレブの参加者も少なくなく、エマはクラブで紹介した本をロンドンNYの地下鉄に隠すなどの活動もしている。

 

2 ゴールデン・グローブ賞授賞式で司会者がハリウッドの男女不平等なギャラを皮肉る

 1月10日に開催された第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、司会を務めた英コメディアンのリッキー・ジャーヴェイスが、「女性キャストでのリメイクが流行っている。女性版の『ゴーストバスターズができた。『オーシャンズ11』の女性版リメイクもできるらしい。配給会社は大きな興行収入を得られるけど出演者にはあまり払わなくていいから良いね」というギャグを炸裂。ハリウッドでは2015年に映画『アメリカン・ハッスル』関係者のメールが流出し、配給会社が女性より男性キャストに高いギャラを渡していたことが発覚。不平等なシステムが問題視されている。

イギリス人コメディアン リッキー・ジャーヴェイス

毒舌キャラで有名なリッキー・ジャーヴェイス

 

3 テニスの世界ランク1位がスポーツレポーターの勘違いをばっさり

 8月のリオ五輪のテニス・シングルスで優勝してオリンピック連覇を果たした世界ランク1位のテニス選手、アンディ・マリー。メダル獲得後に英スポーツレポーターのジョン・インバーデールに「オリンピックのテニスで金メダルを2つも勝ち取ったのはあなたが初めて」と言われると、「ヴィーナスとセリーナ(ウィリアムズ姉妹)は確かそれぞれ金を4つも獲ってるんじゃないかな」とすぐさま訂正した。

男子テニス選手アンディ・マレー 女子テニス選手セリーナ&ヴィーナス・ウィリアムズ

 

4 インスタグラムの「あのルール」に挑戦状をつきつけるアカウントが登場

 ヌード画像の投稿を禁じているインスタグラムで以前から問題視されている、男性の胸の写真はOKなのに女性の胸の写真は削除対象にあたるという「違い」。2014年にはこれを批判する世界的ムーブメント「Free The Nipple(乳首を自由に)」が実施され、リアーナやマドンナなど多くのセレブも参加した。そんななか2016年、「Genderless Nipples(ジェンダーのない乳首)」というアカウントがインスタグラムに登場。男女関係なくフォロワーに乳首の至近距離からの写真を送ってもらいそれを公開して、インスタグラムに「男性か女性か判別してみなさい」と挑戦状をたたきつけている。アカウントとその写真はこちらから確認できる。

Genderless Nipples ジェンダーレス・ニップルズ

性別が分からないように毛を剃るなど、アカウントに載せる写真の撮リ方のハウツー

 

5 グラミー賞シンガーが妻に対する言われない批判にちくり

 音楽バラエティ番組『リップシンクバトル』の司会を務めるモデルのクリッシー・テイゲンがグラミー賞受賞シンガーの夫ジョン・レジェンドとの間の第1子ルナちゃんを出産した約2週間後に子供を置いてジョンとディナーデートに出かけると、一部で「子供を置いて出かける悪い母親」と批判が。これに対しジョンは、「父親を批判しないのは不思議だね。僕ら2人ともがディナーに行ったんだから僕ら2人ともを批判してくれ。クリッシーだけの問題じゃない。責任は分け合うよ」とツイートした。

 

NEXT>

まだまだあります!胸がすかっとするフェミニスト話!

1 2

KEYWORDS

キーワード

『ハリー・ポッター』 アメリカ大統領選2016 エマ・ワトソン クリッシー・テイゲン ドナルド・トランプ米大統領 ヒラリー・クリントン フィフス・ハーモニー フェミニズム リトル・ミックス

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.