カルチャー

CULTURE

デートで身の危険を感じたら、「助けてドリンク」で暗号を送って!海外で拡散中

2017-1-20- 12:28

 スマホアプリやネットを通して知り合っていい感じになり、デートで会うということはよくある話。でも、実際に会ってみたら予想とは全然違う人で危ない目に遭ってしまった…そんな人もいるかもしれない。今、そんな女性を守るために、世界中のバーで「助けてドリンク」を取り入れるお店が増えている。

助けてドリンク「エンジェル・ショット」 バーでスマホをいじる女性

「助けてドリンク」とは?

 この取り組みが大きく知られたのは、南アフリカ共和国でアメリカンダイニング&バー「フーターズ(Hooters)」を訪れた男性によるフェイスブックの投稿から。「フーターズ」と言えばタンクトップを着たスタッフ「フーターズガール」でおなじみの明るくポジティブな雰囲気が印象的だが、同店の女子トイレに貼ってあったポスターには、「デートがうまくいっていない?」というタイトルで、こう書かれている。 

 「オンラインで知り合った男性が、プロフィールとは違った? あなたは身の危険を感じている? それとも気まずい状況にいる? 私たちが助けるわ。バーに行って、『エンジェルショット』をオーダーして。『ストレート』で頼めばバーテンダーがあなたを車までエスコートするわ。『ロック』で頼むと配車サービスで車を手配する。そして『ライムを添えて』だと、警察に通報するから」。

 この投稿はフェイスブック上で6.5万回以上もいいねされている。

 

NEXT>

ネット上では賛否両論

1 2

KEYWORDS

キーワード

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.