カルチャー

CULTURE

アメリカの恋愛調査2017!スマホ画面バキバキはモテない!デキる女性はモテる!

2017-2-14- 6:00

アメリカ独身意識調査2017 LOVEの文字

Photo: シンクストック/ゲッティイメージズ

【フロントロウ編集部】 

 「スマホの機種が古い」「画面が割れているスマホを持っている」そんなあなたは要注意。アメリカの恋愛シーンではこれがまさか、交際のチャンスを下げる要因になりかねない。

 独身の人を対象としたアメリカ最大の意識調査がおこなわれ、現代アメリカでの恋愛のアリ・ナシが判明。デジタル世代特有の結果が出たほか、昔から変わらない答えが返ってきた分野も!

 

スマホはしまって!

 初デートではスマホはしまった方が得策。 

 今回の調査で75%の独身男女が最大のNG行為としてあげたのが、「説明もなく携帯電話で通話すること」。さらに66%が「デート中のメール送信」、58%が「画面が見える状態でテーブルの上にスマホを置くこと」、57%が「デート中のメールチェック」に嫌悪感を抱いていると答えた。

 また、驚くべきことにスマホの機種や状態も恋愛に大きく影響するようで、過去1年間のデータを調べると、古い機種を持っている人は新しい機種を持っている人に比べてデート成就率が56%も低かったという。ちなみに古い機種にマイナス評価をするのは、女性の方が男性よりも多かった。

 さらに、画面が割れている場合や、キーボードのタッチ音をONにしている場合も、14%の人に不快感を与えているという。

 

ソーシャルメディアでの振る舞いにも注意

 現代ではソーシャルメディアの投稿も恋愛成就の確率を上げ下げする。

  アメリカでは58%の独身男女がフェイスブック上で不満を漏らす人を「魅力的ではない」と思っており、50%がソーシャルメディアでの投稿が多すぎる人にマイナス評価をしている。さらに今の時代、第一印象は会う前から決まっている人が約半数にのぼり、42%の人が「ソーシャルメディア上で見た写真」を通して相手の第一印象を得ていると回答。

 ソーシャルメディア以外で見ている相手の第一印象は、39%が文法の正しさ、37%が歯並びと笑顔、35%が洋服と答えている。

 

 半分以上の人がオンラインデートを利用していると答えた半面、「相手との関係が真剣なものだと気づいた瞬間はいつ?」という問いには、昔から一般的にある以下の答えが上位を占めた。

 「病気の時に看病した・してもらった時(87%)」、「カップルとして家族行事に参加した時(83%)」、「友達に存在を明かした時(82%)」、「一緒に旅行した時(79%)」、「両親に存在を明かした時(76%)」。

アメリカ独身意識調査2017 異性愛者カップル 同性愛者カップル

 

<<次に続く:現代ではフェミニストのモテ度UP中!>>

1 2

KEYWORDS

キーワード

びっくりニュース 恋愛

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.