ファッション

FASHION

不良少女→資産280億→破産 「ナスティ・ギャル」創設者の波乱万丈すぎる人生

2017-1-1- 8:00

 昨年日本で「ビリギャル」と呼ばれ大ブレイクした、学年ビリのギャルが有名大学に合格するサクセス・ストーリー。この話はのちに映画化もされたが、アメリカにはこの「ビリギャル」を超える成功を収めた女性がいた。

 その女性とは、大人気ファッション通販 「ナスティ・ギャル(Nasty Gal)」の創設者で現在32歳のソフィア・アモルーソ。彼女の波乱万丈な人生を特集する。

ソフィア・アモルーソ sophia amoruso nastygal

彼女が「ナスティ・ギャル」の創設者ソフィア・アモルーソ

 

アメリカ版ビリギャルと呼ばれる理由

 ソフィアが経営する「ナスティ・ギャル」は2006年に創設し、たった8年で年商100億円へと成長した大企業。ヴィンテージ商品を中心に販売し、トレンドアイテムをプチプラ価格でゲットできることが魅力だ。(「ナスティ・ギャル」通販はこちら)

 セレブの着用率も高く、同ブランドは急成長し、創設者のソフィアは2016年に推定資産280億円でビヨンセやテイラー・スウィフトを抜いてForbes誌の「一代でもっとも財を築いた女性」1位に選ばれた。

アリアナ・グランデ Ariana Grande Nasty gal

アリアナ・グランデはチェックのケープコートを着用

ケンダル・ジェナー kendall Jenner Nasty Gal

ケンダル・ジェナーの着用するこのトップスは約2,800円

 けれど実は彼女、同ブランドを立ち上げる前まで、万引きやゴミあさりをしていた不良少女だったのだ。

 

不良少女時代

10代のソフィアは将来のあてもないままアルバイトをする不良少女。お金もない、学歴もない彼女は万引きを繰り返し、寝泊りは友達の家を転々とする生活を送っていた。

 そんなソフィアだけれど、大好きなファッションだけは抜群の目利きセンスがあり、古着屋に行っては何時間も掘り出し物のアイテムを探していた。

 

Eighteen, sassy, and stinky in Seattle.

Sophia Amorusoさん(@sophiaamoruso)が投稿した写真 –

18歳当時のソフィア

 

ナスティ・ギャル成功

 ソフィアが「ナスティ・ギャル」を始めるきっかけになったのはネット・オークション。初めてオークションに出品したものは盗んだ本だった。その後ネットオークションサイト「eBay」で古着販売を開始したことで、彼女の人生が変わる。

 「eBay」での古着販売は大反響を受け、それを機に自身のサイト「ナスティ・ギャル」を開設して、ビジネスとして大成功。今や年商100億円を稼ぐ企業へと成長した。

 今まで社会に反発していた彼女が、自分のやりたい目標に向かって努力したのはやはり、大好きなファッションだった。

米メルローズにショップをオープンした際は、セレーナ・ゴメスも来店

 

 

>NEXT

ソフィアの自叙伝が発売!シリーズ化も決定。まさに順風満帆?

 

1 2

KEYWORDS

キーワード

アリアナ・グランデ ケンダル・ジェンナー シャーリーズ・セロン セレーナ・ゴメス テイラー・スウィフト ビヨンセ ロージー・ハンティントン・ホワイトリー

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.