ニュース

NEWS

『パイレーツ・オブ・カリビアン』の女優を批判した映画監督がツイッターで謝罪

2016-6-6- 18:44

 映画『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督が、The Independent紙のインタビューで同作の主演女優だったキーラ・ナイトレイを批判。大ひんしゅくを受け、慌てて「大馬鹿者の監督から」というコメントつきで謝罪するという珍事が起きた。

 謝罪の原因となったインタビューの中で、監督は『はじまりのうた』に出演していた俳優のマーク・ラファロや、マルーン5のヴォーカルであるアダム・レヴィーンについては好意的なコメントをしていた一方、キーラについては厳しいコメントを残していた。

『はじまりのうた』のプレミアにて。

『はじまりのうた』のプレミアにて。左からジェームズ・コーデン、マーク、キーラ、アダム、カーニー監督。

 「もうスーパーモデルとは映画を作りたくない」と、キーラを女優ではなくスーパーモデルと呼んだほか、「カメラの前で自分自身を探究することを恐れるべきではないのに、キーラは自分のことを隠していた。それでは俳優にはなれない」「俳優は一定のレベルの正直さと自己分析が必要であるのに、キーラにはまだその準備ができていなかった」などとキーラの演技を厳しく批判。

 この突然のキーラ批判に対し、ネット上ではキーラを擁護する声があがり、過去にキーラと仕事をした監督などもツイッターでキーラ擁護のコメントをつぶやいた。

『はじまりのうた』撮影中のキーラとアダム。

『はじまりのうた』撮影中のキーラとアダム。

 そんな反応を受けてか、監督は自身のツイッター上に謝罪文を投稿。「自分の作品の悪い部分について、誰かを責めることで解決しようとしてしまった。そんなことは監督として最悪だったし、いやしくて、全く自慢できるようなことではない。傲慢で無礼な行為だ。キーラはプロフェッショナルだったし、献身的で、映画の成功に大いに貢献してくれた」とキーラへの批判を撤回し、「このようなことは二度と繰り返さない」という言葉で謝罪を締めくくった。

今年12月全米公開予定の映画『コラテラル・ビューティー』撮影時のキーラと俳優エドワード・ノートン。

キーラは今年12月全米公開予定の映画『コラテラル・ビューティ』に出演。右の男性は共演者の俳優エドワード・ノートン。

 キーラは7歳でデビューしてからこれまで数多くの作品に出演しており、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞など著名な映画賞へのノミネート経験もある女優。過去のインタビューでは、監督自身もキーラのことを褒めていたため、監督の「自分の作品の悪い部分について、誰かを責めることで解決しようとしてしまった」という言葉は本音のよう。

 自分の失言を潔く認めた監督に対し、ファンたちはその真摯な対応を評価。監督はキーラにも直接謝罪文を送ったようだし、今回の件は無事解決したみたい。

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部) / Megumi Kuga Photo: AFLO

KEYWORDS

キーワード

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.