ニュース

NEWS

ゼイン・マリクが1D時代に「やりたかったけど、できなかったコト」とは?

2016-6-22- 8:00

 現在はソロ・シンガーとしてのキャリアが順調なゼイン・マリクが、ワン・ダイレクション(以下1D)の一員として活動していた際に、「すごくやりたかったけれど、できなかったコト」を告白した。

 ゼインが1D時代に許可されていなかったこととは、「ヒゲを伸ばすこと」! 

 爽やかなイメージで売り出しているボーイズ・グループのメンバーだけに、汚らしい印象に見えがちだったり、人々の好みが分かれるヒゲに関しては、できるだけ剃るか、きちんと整えるようにマネージメント側に厳しく言われていたそう。

 ゼインはPAPER誌のインタビューで「たぶん僕はヒゲを伸ばすと老けて見えるからだと思うけど、マネージメント側には嫌がられていたよ。映画『カリートの道』で俳優アル・パチーノの立派なあごヒゲを見て『彼みたいになりたい!』ってすごく憧れてから、ヒゲを剃らなくちゃいけないたびにすごく悲しい気持ちだったよ」と当時のことを振り返った。

そういえば、デビュー当時のゼイン(写真左)はヒゲは生やしておらず、あどけないベビーフェイスといった印象だった。現在はオフ中はあまり整えず、好きなように放置して伸ばすこともあるよう(写真右)。

そういえば、デビュー当時のゼイン(写真左)はヒゲは生やしておらず、あどけないベビーフェイスといった印象だった。現在はオフ中はあまり整えず、好きなように放置して伸ばすこともあるよう(写真右)。

 舞台裏ではこんな葛藤があったとは。ヒゲありのゼインとヒゲなしのゼイン、あなたはどちらがお好き? 

 

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/Ayumi Nakazawa Photo: AFLO, Twitter/Zayn Malik

KEYWORDS

キーワード

ゼイン・マリク ワン・ダイレクション

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.