ニュース

NEWS

「アイス・バケツ・チャレンジ」の寄付金115億円で、研究団体が新しい遺伝子を発見

2016-7-28- 10:42

 2014年に世界的に大流行した「アイス・バケツ・チャレンジ」で集まった資金をもとに、研究団体が筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因となっている新しい遺伝子NEK1を発見した。

リタ・オラ Rita Ora アイス・バケツ・チャレンジ 遺伝子発見

リタ・オラ

 筋肉の萎縮や筋力低下をきたすALSの研究資金を集める目的で始まったアイス・バケツ・チャレンジは、社会現象と化し、約115億円の寄付金集めに成功。

 一部では批判も出ていたが、集まった寄付金は6つの研究プロジェクトの資金源となり、今回の重要な遺伝子発見につながった。

 この情報を発表したアメリカALS教会の発表によると、新遺伝子NEK1の発見は、今後の遺伝子治療に大きく役立たれるという。

ジャスティン・ビーバー ケイト・モス ベネディクト・カンバーバッチ デヴィッド・ベッカム アイス・バケツ・チャレンジ 遺伝子発見

左上から時計回りに、ジャスティン・ビーバー、ケイト・モス、ベネディクト・カンバーバッチ、デヴィッド・ベッカム。

 フェイスブックだけでも1,700万人ものユーザーが参加したアイス・バケツ・チャレンジは、史上最も成功したソーシャルメディア上の資金集めプロジェクトだと考えられている。そんなプロジェクトが医学の発展に貢献したことは、素晴らしい成果と言える。

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/Sonia Kim Photo: スプラッシュ、Twitter

KEYWORDS

キーワード

ケイト・モス ジャスティン・ビーバー デヴィッド・ベッカム リタ・オラ

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.