ニュース

NEWS

【特集】インスタグラムで稼ぐ歌姫たち、インスタグラムを避ける女優たち

2016-8-14- 8:00

 インスタグラムでフォロワー数1位のシンガーであるセレーナ・ゴメスが一投稿につき約6,000万円を稼ぐなど、セレブのSNSビジネスが加速する最近。

EXCLUSIVE: Selena Gomez shopping in New York City

インスタグラムでフォロワー1位のセレーナ。

 しかし音楽界の稼ぎ頭トップ7全員がインスタグラムを活用している一方、役者界で利用しているのは7人中2人のみ。

 この違いは何なのか? フロントロウ編集部が迫る。

 

音楽界では常識・女優界では非常識

 まずは分かりやすく、女性セレブのインスタグラムの利用状況を音楽界と役者界で比較。

音楽界

セレブ名インスタグラムの利用
1位 テイラー・スウィフトしている
2位 アデルしている
3位 マドンナしている
4位 リアーナしている
5位 ビヨンセしている
6位 ケイティ・ペリーしている
7位 ジェニファー・ロペスしている

(Forbes誌2016年最も稼いでいるセレブより)

女優界

セレブ名インスタグラムの利用
1位 ジェニファー・ローレンスしていない
2位 スカーレット・ヨハンソンしていない
3位 メリッサ・マッカーシーしている
4位 ビンビン・ファンしている
5位 ジェニファー・アニストンしていない
6位 ジュリア・ロバーツしていない
7位 アンジェリーナ・ジョリーしていない

(Forbes誌2015年最も稼いでいる女優より)

 

私生活を見せないことは女優にとってプラス

 この明らかな違いの理由について、ハリウッド映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の主演女優であるミア・ワシコウスカに聞いてみた。

 自身もインスタグラムを公的には利用していないミアは、「女優としては、いろいろな役に挑戦するものでしょ? だからこそ、私生活を全て見せない方が女優としてのキャリアにはプラスなのよ」とフロントロウ編集部に回答。

ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS (2016) - MIA WASIKOWSKA.

『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズのヒロインを演じるミア。

 つまり、女優は役ごとにイメージをがらりと変える必要があるため、インスタグラムなどでプライベートを見せすぎてイメージを固定するのはキャリアにマイナスだということ。

 このミアの言葉を裏付けるように、女優界でもコメディ専門のセレブなどすでにイメージが固定しているセレブの間ではインスタグラムの利用率は高い。

 さらに、オスカー常連ではない女優や、ブランド展開などの副業に力を入れている女優など、女優以外の仕事で稼ごうとしている女優たちもPR目的で利用傾向にある。

キャメロン・ディアスも、2013年に健康本の出版をきかっけにアカウントをオープン。

キャメロン・ディアスは、2013年に健康本を出版したことをきっかけにアカウントをオープン。

 

トップ女優のプライド

 音楽界で収入1位のテイラー・スウィフトが年収約175億円であるのに対し、女優界1位のジェニファー・ローレンスは約50億円。

テイラー(左)とジェニファー(右)。

テイラー(左)とジェニファー(右)。

 業界自体の収益の違いや男女差の問題などもあるとはいえ、SNSが巨額のビジネスになっている現代で、SNSを利用しているかどうかが収入に与えている影響は大きい。

 それでも本業である女優業に影響があっては本末転倒。トップ女優たちが時代とは逆行したスタイルを貫いている背景にはそんな理由があった。

 

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/Sonia Kim Photo: スプラッシュ、ニュースコム、WALT DISNEY PICTURES/ROTH FILMS/TEAM TODD/TIM BURTON PRODUCT / Album/Newscom

KEYWORDS

キーワード

アデル アンジェリーナ・ジョリー ケイティ・ペリー ジェニファー・アニストン ジェニファー・ローレンス ジェニファー・ロペス スカーレット・ヨハンソン テイラー・スウィフト ビヨンセ マドンナ リアーナ 映画 深知り

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.