ニュース

NEWS

『ワイスピ』の確執は続く?ドウェインが共演者へ感謝するもヴィンの名前はなし

2016-8-22- 18:25

 映画『ワイルド・スピード』シリーズのドウェイン・ジョンソンは、同作品のプロデューサーで俳優のヴィン・ディーゼルに対して、いまだ怒りが収まっていないよう。

ドウェイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼル Dwayne Johnson and Vin Diesel

(左)ドウェイン・ジョンソン、(右)ヴィン・ディーゼル。

 今月の初めごろ、ドウェインは名指しこそしなかったものの、突然シリーズの男性共演者を「弱虫」と非難し、その後ドウェインの怒りの矛先がヴィンだと判明。事態の収束のため2人が話し合いをしたにもかかわらず、関係を修復出来なかったことが明らかになっていた。

 さらに、ヴィンもSNS上に、「少し時間をくれ。そうしたらすべて教えるよ。“すべて“な」と意味深なメッセージを投稿していたことから、ヴィンがドウェインに反撃するのではないかとウワサされていた。

2011年の『ワイルド・スピード MEGA MAX』のロシアプレミアにて。中央は、故ポール・ウォーカー。

2011年の『ワイルド・スピード MEGA MAX』のロシアプレミアにて。中央は、故ポール・ウォーカー。

 そんななか、ドウェインが自身のインスタグラム上で、シリーズ8作目の撮影終了を報告するとともに、「日々努力をしてくれた共演者に感謝したい」と共演者へのメッセージを投稿。監督や数人のキャストに個別で言及したが、そこにヴィンの名前は無し。やはり、まだ2人の間に亀裂は生じたままのようだ。

 ちなみに、ドウェインはメッセージの中で、「『ワイルド・スピード』のファミリー全員のことを誇りに思う」とも語っているので、ヴィンはこの中に含まれているとも考えられるが、果たして。

 『ワイルド・スピード』ファンにとってはかなり気がかりな、ドウェインとヴィンの関係。ヴィンの発言通り、すべてが明らかになる日はくるのだろうか?

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Megumi Kuga Photo:アフロ

KEYWORDS

キーワード

ドウェイン・ジョンソン バトル 映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.