ニュース

NEWS

【トップ10を解説】26歳『ハンガー・ゲーム』女優が2年連続で最も稼ぐ女優の1位に

2016-8-24- 12:16

 26歳の女優ジェニファー・ローレンスが、2年連続で最も稼いだ女優1位に輝いた。米経済誌Forbesが発表した、「2016年度版・最も稼いだ女優」のトップ10は以下の通り。

 

10位

ディーピカー・パードゥコーン 約10億円

 2015年末に公開されたボリウッド映画『バージーラーオとマスターニー』が大ヒットを遂げた、インド人女優のディーピカー(30)。175センチという高身長でモデル並みの美しいスタイルを持つ彼女、10以上のブランドとの広告契約が同リストへの初ランクインに貢献した。

ディーピカー・パードゥコーン Deepika Padukone

 

9位

ミラ・クニス 約11億円

 2014年に第一子を出産し、2015年に俳優のアシュトン・カッチャーと結婚し、2016年に第2子の妊娠を発表しと、毎年プライベートでの幸せが続いているミラ(33)。コメディ映画『バッド・マムズ』のギャラと共に、ジュエリーやアルコール・ブランドの広告塔を務めてトップ10入り。

ミラ・クニス Mila Kunis

 

8位

ジュリア・ロバーツ 約12億円

 ランコムの広告塔として高額を手にしながらも、大御所女優ジュリア(48)の稼ぎの大部分は映画のギャラ。映画『マザーズ・デイ』では、わずか4日間の撮影で約3億円ものギャラを手にして話題に。ただ、映画は大コケだった。

ジュリア・ロバーツ Julia Roberts

 

7位

エイミー・アダムス 約13.5億円

 これまでに5回もアカデミー賞にノミネートされている実力派女優のエイミー(42)。今年は映画『バットマンVSスーパーマン』でスーパーマンのロマンス相手であるロイス・レーン役を務め、億単位のギャラを手にしたと言われている。

Amy Adams エイミー・アダムス

 

6位

シャーリーズ・セロン 約16.5億円

 2015年の大ヒット映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で存在感を見せつけたシャーリーズ(41)は、2016年に公開された映画『スノーホワイト/氷の王国』で約10億円ものギャラを手に入れたというウワサ。ディオールの広告塔としても活躍中。

シャーリーズ・セロン Charlize Theron

 

5位

ファン・ビンビン 約17億円

 昨年の4位から順位を落としてしまったものの、アジア勢として唯一トップ5にランクインしたファン・ビンビン(34)。今年はジャッキー・チェンとの共演映画『スキップトレース』やロマンス映画『レディー・オブ・ザ・ダイナスティ』の中国国内でのヒットが貢献した。

ファン・ビンビン fan bingbing

 

4位

ジェニファー・アニストン 約21億円

 コメディドラマ『フレンズ』のキャストの再結成イベントがあった今年、メインキャストのジェニファー(47)は今でも映画1本につき億単位のギャラを稼ぐ人気女優。多くのブランドの広告塔も務めていて、今年は新たにエミレーツ航空のCMに出演。

ジェニファー・アニストン Jennifer Anison

 

NEXT PAGE: いよいよトップ3!

1 2

KEYWORDS

キーワード

ジェニファー・アニストン ジェニファー・ローレンス スカーレット・ヨハンソン 映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.