ニュース

NEWS

お騒がせ俳優シャイア、「クレイジーだから」という理由で『スースク』出演出来ず

2016-9-7- 19:21

 日本でも今週の土曜日から公開される映画『スーサイド・スクワッド』。全世界で670億円以上を稼ぐ大ヒットとなっている今作に、映画『トランスフォーマー』のお騒がせ俳優シャイア・ラブーフが出演する予定だったという事実が発覚。

 シャイアが役をゲットできなかった理由とは?

シャイア・ラブーフ Shia Labeouf

 シャイアは『スーサイド・スクワッド』の監督、デヴィッド・エアーの2014年公開作『フューリー』に出演していた経験が。そんな彼を今回の映画でも使いたいと考えた監督は、製作会社のワーナー・ブラザーズにシャイアの起用を提案するも、ワーナーはこれを拒否。

 その理由についてシャイアは、「ワーナー・ブラザーズは僕のことを必要としていないみたいだね。会いには行ったんだけど、『いやぁ、君はクレイジーだからね。いい役者だとは思うけれど、この役は違うと思うんだ』って感じだった」と、Variety誌に告白。監督と本人の思いもむなしく、クレイジーさを理由にあっさりと断られてしまったのだとか。

シャイアが候補に挙がっていた役は、最終的にはスコット・イーストウッド(左端)が演じることとなった。

シャイアが候補に挙がっていた役は、最終的にはスコット・イーストウッド(左端)が演じることとなった。

 

シャイアのクレイジーな行動とは

 確かに、シャイアと言えば、これまでにもちょっとクレイジーな行動が目立っていたのは確か。2014年にベルリン国際映画祭に登場した際には、「僕はもう有名じゃない(I Am Not Famous Anymore)」と書かれた紙袋を被って登場。

ベルリン国際映画祭に、紙袋を被って登場したシャイア。

ベルリン国際映画祭に、紙袋を被って登場したシャイア。

 逮捕歴も多く、2007年には泥酔したのち深夜のドラッグストアに侵入して逮捕され、2015年にはミュージカル鑑賞中に喫煙や叫び声をあげるなどの迷惑行為のほか、公の場で泥酔して暴れたとして逮捕された。

 また、最近は奇妙なイベントも開いていて、昨年11月には出演した全作品を劇場で鑑賞し、そのリアクションを生中継したことで話題に。さらに今年の2月にも、24時間エレベーターにいる自分の様子を生配信していて、彼のおかしな行動に注目が集まっていた。

自分の出演作を鑑賞するシャイア。

自分の出演作を鑑賞するシャイア。

 『スーサイド・スクワッド』には、クレイジーなキャラクターであるジョーカーやヒロインのハーレイ・クインなども登場するけれど…。製作側としては、役柄としてはいいけれど実際にクレイジーなのは勘弁、といったところだろうか。

大注目の映画『スーサイド・スクワッド』のクレイジーな裏話5選

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Megumi Kuga Photo:アフロ, Instagram/Suicide Squad, YouTube  

KEYWORDS

キーワード

映画

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.