ニュース

NEWS

レディー・ガガの新曲は破局した元恋人について歌っている?気になる歌詞を検証!

2016-9-11- 8:00

 今週、2013年にリリースしたアルバム『アートポップ』以来ソロとしては約3年ぶりとなる新曲「パーフェクト・イリュージョン」をリリースしたシンガーのレディー・ガガ。

 ファンたちが待ちに待った新曲に熱狂するなか、世間では同曲の歌詞が「もしかして元恋人との失恋を歌っているのでは…?」と憶測を呼んでいる。

レディー・ガガ Lady Gaga

 そこで、フロントロウ編集部が「パーフェクト・イリュージョン」の歌詞の一部を抜粋して翻訳。

 果たして、この曲でガガは、今年7月に破局が発覚した俳優のテイラー・キニーについて歌っているのかどうか検証する。

Tryin’ to get control/ Pressure’s takin’ its toll/ Stuck in the middle zone/ I just want you alone

なんとかコントロールしようとしているわ/プレッシャーが大きな負担になってる/間に挟まれて動けないわ/あなただけが欲しいのに

 歌詞の主人公は何かに悩み、苦しんでいる様子。

My guessing game is strong/ Way too real to be wrong/ Caught up in your show/ Yeah, at least now I know

私は勘が良いほうなの/間違いないくらいリアルよ/あなたのショーにまんまと嵌ったわ/ええ、今なら分かる

 ここでは、恋人に騙されたことに気がついてしまったと歌っている。

It wasn’t love, it wasn’t love/ It was a perfect illusion/ Mistaken for love, it wasn’t love/ It was a perfect illusion/ You were a perfect illusion

これは愛じゃなかった/パーフェクト・イリュージョン(完璧な幻)だったのね/愛と間違えてしまったけど、愛じゃなかった/パーフェクト・イリュージョンだったわ/あなたはパーフェクト・イリュージョンだった

 サビとなるこの部分では、2人の間にあったのは愛ではなく、「完璧に取り繕われた幻」だったと嘆いている。

 これらの歌詞を見ると、この曲では、恋人の巧みなウソから目を覚ました主人公の心情を歌っていて、もしガガがテイラーとの関係を題材にしていたとすれば、5年間にもおよんだ2人の交際は、曲中にもある通り、まるで「完璧な幻」のようなものだったと受け取ることもできる。

レディー・ガガ Lady Gaga テイラー・キニー Taylor Kinney

 しかし、同楽曲がリリースする直前のインタビューで、ガガはこの曲の意味について、こう説明している。

SNS上にフィルターや修正がかけられた本来の姿ではない個人の写真が溢れるこの時代に、真実を見極めるには一体どうしたらいいのかしら? リアルな姿と「パーフェクト・イリュージョン」の違いってどうしたら見極められる? 人々は自分を取り繕って生きるよう、プレッシャーをかけられているように感じるわ。

 ガガの説明によると、この曲には、つねに他人からの視線を常に気にし、人々が自分を偽って生きることがあたりまえになってしまったインターネット社会への警笛を鳴らすという意味が込められているということのよう。

 テイラーとの関係については、破局発覚直後に「私たちはお互いのことを本当に愛している」と復縁をにおわせるコメントをしていて、2人の間に上記の歌詞で歌われているようなウソや裏切りがあったとは考えにくい。

 実際のところはどうなのか、真相は彼女本人しか知らないものの、どちらにしても、今回の新曲とともに、ガガがシンガーとしての新たな一歩を踏み出したことは明らかだ。

レディー・ガガ Lady Gaga パーフェクト・イリュージョン Perfect Illusion MV

ガガがツイッターに投稿した今後公開されるMVのワンシーンと見られる画像。MVの公開も楽しみ!

 

ガガが3年ぶりに新曲発表!PR中に近すぎるファンサービスが話題

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/Ayumi Nakazawa Photo: アフロ,ニュースコム,Twitter/Lady Gaga

KEYWORDS

キーワード

レディー・ガガ 恋愛

  • TOP

    Copyright © AUTOGRAPH PRODUCTIONS All rights reserved.